My Yahoo!に追加

2009/2/21

失われるものではない  アニマルコミュニケーション

誰でもみんな命はいつか終わりを迎えるのだけれど、それはすべてに平等で、時間が長いか短いかということなんだけど、どれだけ愛されて、どれだけ愛したかという気持ちの重さはやっぱり差があると思う。

昨日の深夜、あるわんちゃんが虹の橋を渡りました。

可憐であたたかく、名前のとおりのかわいく、名前のように小さく淡い桃の花のような女の子でした。

連絡をいただいてすぐにエネルギーを送らせていただいたのですが、お役にたつことができませんでした。

ヒーリングを開始しはじめてすぐに私に送ってくれたメッセージは三つの色でした。

オーロラのようでもあり炎のようでもあり、ユラユラと揺れていました。

そのメッセージを受けてから、時間をあけながら三回繰り返し、やがて三つの色はやわらかな綿菓子のようなピンク色のきらきらとフワフワとした塊となりました。

わんちゃんのママからのメールに気づいたのは早朝でした。

ご家族もわんちゃんも決してあきらめることなく、最期まで病気と闘い、密度の濃い時間を過ごされていました。

本当に愛に満ちあふれたわんちゃんでした。

たくさんの愛情をご家族から受けて、たくさんの愛情をご家族に向けることのできる天使でした。

…寂しくなりました。

肉体は手に触れることはできなくても、その子の存在は確かにあったのだし、色褪せるものではありません。

いつまでも、ずっと失われるものではありません。

ご冥福をお祈りします。

お疲れさまでした。

また、いつかママを見つけてあげてね。



2009/2/23  1:17

投稿者:愉意

tetsurowさん
そうですね。人も動物も植物もたくさんの愛情を注がれることは幸せですよね。そして愛情を受けることから愛情の意味を知るんでしょうね。

2009/2/22  23:24

投稿者:tetsurow

生きている上で大切なのは、
どれだけ長く生きたかよりも、
どれだけ愛されて生きたか
なんでしょうね。
今日はそのことを学ばせていただきました。

http://tetsurow.exblog.jp/

2009/2/22  19:32

投稿者:愉意

小太郎さん
そうですね…。

ですがヒーリングには穏やかに苦しみを取り除いて送り出すこともひとつなのです。

飼い主さんの愛情と絆にはかなわないですけどね…。

2009/2/22  8:31

投稿者:小太郎

悲しい場面にもたくさん向き合わなければならない
お仕事ですね…
がんばってください。


http://kyu.dtiblog.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ