My Yahoo!に追加

2008/10/3

アニマルコミュニケーション  アニマルコミュニケーション

今日は車で一時間ちょっとのところでアニマルコミュニケーションをやらせていただきました。
*龍之介はお留守番です(*^_^*)

ミックスのわんちゃんです。

去年お問い合わせをいただいたのですが飼い主さんが出産で育児にお忙しかったことから延期となり、今日になりました。

飼い主さんは赤ちゃんのお世話に時間をとられてなかなかかまってあげられないわんちゃんが不満を抱えているのではないか、寂しいのではないかと気にされていました。


飼い主さんのことをチラチラと見ながら、わんちゃんは自分の気持ちを教えてくれました。


飼い主さんは涙ぐまれました。

ママの感情が伝わったのか赤ちゃんも泣きはじめ、なんだか少し気まずかったんですが、泣き始めた赤ちゃんのベッドに前足をかけて小さく尻尾を降り続けたわんちゃん。

まるでお兄ちゃんが妹をなぐさめてあやしているようでした。

素敵な家族の下に暮らしているわんちゃん。

私の鼻の奧もちょっと痛くなりました。
めったに泣くことはないのですが…。

…感動しました。

わたしも幸せです(*^_^*)
クリックすると元のサイズで表示します



2008/10/4  8:07

投稿者:愉意

あゆさんさん
ありがとうございます(*^_^*)
りきの話はブログを始める前のことですが今でもたまに夢に出てきて、その姿が元気なことと楽しそうなことから虹の橋でみんなと仲良く暮らしているのだと思います。


動物たちはいつも私たちを癒してくれますよね。なかなかそれに対してのお返しができないのですが…。


あゆさんさんも同じ体験をされたんですね。初期のブログまで読んでいただけて嬉しいです。


これからも頑張ります。よろしくお願いします(^-^)

2008/10/4  7:49

投稿者:愉意

小太郎さん
ありがとうございます(*^_^*)
この仕事をやらせていただくようになって毎回、ホントに良かったなぁ、と思います。動物も植物もみんな優しいですね(*^_^*)

2008/10/3  22:04

投稿者:あゆさん

素敵なお話しをありがとうございます(o^-^o)人間にも尻尾があると人間関係がもっとストレートになるかななんて、ふと考えてしまいましたイヌ

話しはかわりますが

ブログの初期の頃を読ませていただきました。

りきちゃんの最期の日の様子が、うちの犬の最期と同じだった(我が家では割り箸でウジ取りしました!)のでびっくりしたのと、最愛の家族を失う事の喪失感・あの時ああすれば良かったなどの後悔、そして感謝の気持ちへ変わっていくプロセスなど、いろんな思いを感じました。


人や動物との出会いや別れを何度もこれからもしていくんだなあ〜と、しんみり思う秋の夜でした。

2008/10/3  21:58

投稿者:小太郎

良かったですね。
仕事をしていて、一番うれしい瞬間です。

http://kyu.23.dtiblog.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ