My Yahoo!に追加

2020/4/17

鬼の形相VS意地でも渡さん!  アニマルコミュニケーション

 この数日、リードに任せて山道を歩くと距離に関係なく、いくらでも歩くクリシュナ君。

散歩の途中で、私の目を盗んで何かを口に入れた!

「こら!こら、コラこらこら!」必死で口を開けようとしても歯をくいしばって絶対に開けない。
クリックすると元のサイズで表示します
普段なら冷静に開けさせるのに、こういうときってこっちもおそらく鬼のような形相になっているのでシュナ君も必死でとられまいと意地になり歯を食いしばる。おやつを見せても効果なし。

「いやや〜!死んでも離せへん〜」

そしてごっくんした。

「・・・あ・・・。・・・あんた、知らんで、あとで吐いても。」

『お母さんかて、しょっちゅう、草拾うくせに!』

・・・だってあれは・・・。

そのあとはほとんど私と目を合わさなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
私が山でフキノトウやカンゾウをとっているからということらしいが私は拾い喰いはしない。
クリックすると元のサイズで表示します
シュナ君は、夜になってやっぱり吐いた。

ほとんど消化されていて何を食べたのかわからないけど、おかあさんもやらないから、拾い食いは二度とやめましょう。

体調は問題ありません。


長野県は講座で学んでいただける場所がなく、コミュニケーターが不足しています。

川上村でのアニマルコミュニケーション講座、その他の地域での講座やワークショップをご希望のかたはご相談ください。

「自分のうちの子の気持がわかるようになりたい、動物の感情を知って癒したい」という方にお勧めの内容です。グループでも個人でも可。

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです

個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。写真は一部、無料サイトからのものを使用する場合があります。

クリックすると元のサイズで表示します

お問い合わせ・お申し込みは下記までメールをお願いします。

info@animalcommunication-yuinagano.com

川上村プライベートレッスンは月に一度の講座です。

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

カウンセリングはホームページ↓をご覧ください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

お問い合わせ・お申し込みは

info@animalcommunication-yuinagano.com

もっと正式に学びたい方はアカデミーの受講をお勧めいたします。資料をご希望の場合は郵送いたします。









コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ