My Yahoo!に追加

2018/8/18

アニマルコミュニケーション・オーラからみる体調管理  ラーマ闘病記

 下記の オーラ図は少し前のラーマの体の状態を描いたものです。

もともと柔らかさややさしさの色もあり、頑張り屋の一面もよく色の特徴として表れていると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

オーラで体調をみるときは体の表面に感じる色でみるときと、内臓もとおして感じ取る場合、本人に直接聞くこともあるのですが性格にもよるし、また、表現方法が難しくてうまく伝えることができないこともあり、たいていは色でみています。

今回、ラーマの疾患は膀胱炎という診断になりましたがやはり下腹部にその感覚が出ています。

わるい、という状態よりもむしろ改善がされており、一時的に状態が重かったのもリーディングすることができます。

その時の感情や環境で変化もありますので一概にオーラリーディングとアニマルカウンセリングだけで絶対とは言えないんですがこれが一つの目安になると思います。色の混ざり具合や色のあらわれる場所、形状でも大きく変化をしますのでリーディングは実際にやってみないと安易に表現すると全く別のものになってしまうので、おもしろいなぁ、と思うのですが。

ラーマのオーラは今後も自分でリーディングをしながら経過観察を行っていこうと思います。

2018年秋のアニマルコミュニケーションヒーリングアカデミーへの入学希望、また、アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、

直接、語り掛けるコミュニケーションです

*イベントやオフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてもお問い合わせ、お申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。



本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他ホメオパシーレメディ、ハナビラタケパウダー、プラセンタ12000

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌、膀胱炎、肝臓疾患対応食)

レバーペースト10グラム、キャベツ80グラム、ブロッコリースプラウト10グラム、ニンジン20グラム、白菜20グラム、厚揚げ10グラム、まいたけときのこの濃縮スープ大さじ3杯


なお、サプリメントや食事療法は個人で使用しているので、お勧めしているわけではありません。お試しになる場合は必ず獣医師にご相談の上、ご検討ください。


日本国産冬虫夏草 モノリス・オンライン直売プラセンタの成分や、症例につきましては、直売店の方に許可を得てコピペしていますが、スマホサイトnaotta.jp

では処方されている動物病院と獣医さんも紹介されていますので、モノリスのサイトでご覧ください。


日本国産冬虫夏草 モノリス・オンライン直売店

■ ショップURL: https://www.naotta.jp/

■ 電話 : 048-474-0813

■ メールアドレス: support@naotta.jp

★メーカーHPはこちら↓です。

https://cordy.monolith-japan.com/

https://cordy.monolith-japan.com/placenta.html








コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ