My Yahoo!に追加

2018/2/15

ヒーリングってやっぱスゴイ  癒しと祈り

 十日ほど前に、ものすごく不思議な出会いがあり、その方のワンちゃんをカウンセリングいたしました。

当初はヒーリングをご希望でしたが、気持ちを知ることを望まれていたのでアニマルカウンセリングの遠隔を行うことになりました。

 たくさんの病気を抱えながら必死に生きるワンちゃんの気持ちをお伝えし、飼い主さんとこれからの人生を幸せに、より幸せに暮らせることと思います。

 私の父を含め、人も動物も家族からの愛情はもちろんですが受け手になるばかりではなく、力になりたい気持ちを持っています。

 私は師匠曰く「偉大なるファザコン」なのだそうですが子供時代から父には本当に大切に愛情を受けてきた記憶があります。自営業だったのでどこかへ行くとかめったになくて父の磯釣りに一緒についていくとか、得意先に行く車に乗せてもらうとか、その程度でした。外食は月に1〜2回でしたが、幼少時代に父から何か特別に物を買ってもらったことはなく、20歳の時にようやく小さなポシェットを買ってもらっただけでした。

その後は海外出張でイタリヤ、ドイツ、フランスに行った際に、毎回、自分のものは買わず、実の妹と姪と、兄嫁、母、私にと、アクセサリーやバッグを買ってきましたが皆に趣味に合わないとか、もっと違うデザインはなかったのか?とか批判をされてかわいそうでした。

(*店の人に勧められるままに買っていたようで8頭身の外人と4頭身の関西人では全く違う・・・。)

だから母が他界した後、趣味に合わず使用されなかったアクセサリーやバッグはすべて私が譲り受けました。私はブランドに興味もないし、特に好みもないので何かの際にはなんとなく使っている感じで。

その父のことを思い返すと、同行した方の話があまりに面白くて家族に見せなかった一面がたくさんあったことがわかりました。

人にも動物にもいろんな顔があります。家族に見せる顔、友人に見せる顔、仕事で見せる顔、嫌いな相手に見せる顔、恩人に見せる顔・・・そして、予期せぬ事故や病気の時に見せる一瞬の顔。

 大病をすると、見せる相手が限られて表情は少なくなり、余命がわずかになると、さらに表情は減ります。

半月前、父はもう、余命幾ばくもないかのような衰弱状態で絶食絶水はほぼ一か月続き、毎日毎日エネルギーを送り続け、のどの渇きや苦しみからの解放を私はねがっていました。

インフルエンザが蔓延し、ひん死に近い状態の患者の家族すら面会は禁止され、医師から治療しても無駄といわれ、以降の病状もわからない不安な日々を過ごしました。

実家の兄からの連絡も途絶え、どうなっているのだろうか、実はもうすでに他界しているんじゃないか、とかあれこれ考えつつ。

今朝、ようやく兄からメッセージが入り、

「何とか意識が戻った。このまま少しずつ回復すれば流動食まで戻れる可能性はゼロではない」ということでした。

 命には寿命はもちろんですが、生命力ってやっぱりあるんだと思います。生命力があって、回復力がある。

本人の生きる力と、ケア、そして、見えないエネルギーの力。

自宅の動物たちにもこれまでヒーリングのエネルギーでなんども救われましたし、医師が見放した余命が1年2年と延びたこともあります。

治療でもないし、何をどうできるかと言われたらただ、エネルギーを送るとしか説明はできません。

それでも、送るんです。

ベストなことができないからよりベターな状態になれるように自分のできることをするだけです。

父が入院して以来、ずっとずっと、私の師匠はエネルギーを送ってくださっています。私よりずっと大きなエネルギーです。

こういうことがあるたびに私はヒーリングのエネルギーってやっぱスゴイって思うんです。

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです

*イベントのコンテンツ、オフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてはなるべく5名以上のグループでお申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。


本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、干し大根10グラム、キャベツ80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、ニンジン20グラム、カボチャ10グラム、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、はなびらたけ粉末




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ