My Yahoo!に追加

2016/8/18


お盆の間はそれなりに忙しく、緊急のアニマルカウンセリングも入ったり、イラストのオーダーをいただいたりと、暇な時間と、急ぎの時間が交互にやってきました。仕事モードに入ると短時間で集中するので午前中から初めて気が付いたらご飯も食べていなかったこともあったり。

ホッとするとまず、コーヒーを飲んで、そこから急激に空腹状態になり、中途半端な時間に食べるため変な時におなかがすいてくる。過食したりお腹がすかなかったら食べないし・・・。
 
 今月のはじめに某化粧品メーカーの遺伝子検査を受けた。肥満関連遺伝子検査っていうもので綿棒で頬の内側をこすり、宅急便でおくるっていうやつ。

「肥満細胞遺伝子が絶対高い」って、「親の遺伝子に違いないわ!」と思っていたら自業自得というか、遺伝子ではなく、太りやすいわけではなく、筋肉がつきにくい体質らしい。

うそ〜。太りやすい体質じゃないって〜?これでもか?じゃあ、もし太りやすい体質だとしたら?この状態で、この現状で太りやすい体質ではないって?これでも精一杯遺伝子が抑制してるってことかぃ?

オーラ、一気に変色!そうなの〜?

これがもし太りやすい体質だとしたら・・・怖っ!

「痩せにくいからタンパク質を充分にとってとにかく運動しなさい」
クリックすると元のサイズで表示します
 遺伝子には変異型というのがありこれが個人差に匹敵するそうですが、親から1セットずつ遺伝子をもらうため2セットの両方に変異がないから、私はワイルド−の遺伝子が二種類で、一種類のみ片方の変異があるため、ヘテロ+の遺伝子、また両方に変異があればホモ++となり遺伝子変異の影響はでやすいんだとか。

だから「糖質の代謝とか脂質の代謝とかよりタンパク質をとって筋肉量を増やす方が痩せやすくなる」と。

 食生活は「定食スタイル」にし「おやつはナッツやヨーグルト」、「ビールには枝豆、冷や奴、刺身をプラスしなさいよ」と。

なんだかエンゲル係数あがりそう!

 遺伝子ではバナナ型タイプというそうで、男女共にあるタイプで一度太るとやせにくいのもなんとなく納得しました。

クリックすると元のサイズで表示します
また、「魚は大好きだけどあじ、いわしの生は苦手」「肉も好きだけど胸やけするためあまり食べない。」高齢者モードにはいりつつあるあたし。

さらに思い当たるフシが・・・。

「バナナ型は肉や魚が苦手な人が多くタンパク質を吸収しにくく分解消化に時間がかかり胃腸にふたんがかかりやすい。食事はゆっくりよく噛んで食べること。」

「・・・消化吸収が遅く胃腸に負担願かかりやすいからよく噛んでゆっくり・・・」

(お弁当の時間なんてイリュージョン並みに早く、5分以内だもんな。
亭主は飲み込み型だから3分で食べ終わるし、まともにゆっくり食事なんて結婚して以来、そういえばほとんどなかったか。
いろんな意味で独身にもどりたいな〜。旧姓に戻りたいな〜。再婚するならもっとすべてに余裕のある人がいいな〜

だから肉を食べるとお腹を下すのか!
こういったことが解っただけでも受けて良かったかも。

自然と鶏肉を選んでいたのはこういう理由があったのか!

家でおかずにするのって野菜の煮物に厚揚げを入れるとか高齢者向きの料理をよく作るのも意識していたわけではなかったけど結果的には無意識に選んでいたんだな。

まるっぽ全部に当てはまっているかどうかは別として遺伝子だから仕方なく、余生はちょっとだけ受け入れることにした。

*アニマルカウンセリングのお申し込みはメッセージボックスからは受け付けておりません。下記ホームページのお申し込みフォームからのみとなりますのでご了承ください。

<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師のコミュニケーションが1万円で受けられます。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com


*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。












コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ