My Yahoo!に追加

2016/8/16


動物たちを見ていると、過食の子も中にはいるし、体の大きさや欲求にも個体差はあるけれど、無欲というか、一度の食事でお腹がいっぱいになったらたいていは食べ残す。

人間というか、男性も作ったほうの気持ちも知らず、イラっとするがなぜか一口を残す。

女性の場合は「もったいないから」と一言前おきをしたりして結局は食べるし、デザートも別腹として食べる。・・・飢餓状態に備える本能なのか、なぜ、ヒトはこの時代になっても貯蔵しようとするんだろう。

いいえ、すべての女性に当てはまるわけじゃない。ただ単に私が卑しいのだろうと思う。


・・・貯蔵なのか、収集なのか、病気なのか癖なのか・・・。


 実家の父を含めて高齢者の家には「!」とか「?」と絶句するような物が溢れている。

スーパーのレジ袋が変色した状態で必要以上に無数にあったり、紙袋や、決して使わない古着から取り外したボタンにファスナー、新品の敷布、布団カバー、家には似合わない未開封の食器やカトラリー、しゃもじ、弁当の割り箸、パックのジュースについているストロー、食べた後のカップめんの容器にアイスのスプーン。

「新品の物はバザーに出すため」と言うことなんだけど小学校のPTA以来、機会もないのにバザーにいつ出すのかもわからないで、もう何年も前からずっと古い枕カバーや布団カバーを洗っては干し洗っては干しを繰り返し使っている。

「バザーなんて言わないで新しいのに替えたら?」というと今度は「葬式の時に仏さんを新しい白の布団カバーで寝かせるから置いておく」と言う。


葬式って自分の時のことかなぁ?と思うけれどそこは黙っておいた。


 冷凍庫も同様に、いや…もっとえげつない。

買ってきたまま食品トレイごと冷凍庫に入れるので消費期限がわかるだけまだいいが、何年も前の日付は当たり前だし、霜でなんだかわからないくらいに変色している。ソーセージから、かまぼこまでまともに食べていたなら一週間位は買い物に行く必要がない位、びっしり詰め込んである。

一旦溶けて冷凍されたガリガリ君が変形して袋が破れ、底にへばりついていたり、刺身に付いているしょうがやわさびのパックも散らばったままヒノメをみることなくカピカピになっていたり。
これまでずいぶんと、冷凍庫や冷蔵庫をあける度に不快な思いをしてきた。

ところが、この数年、自分がちょっとずつ感化されてきているのかマヒしてきたのか、畑で採れた野菜を小分けして冷凍するようになり、あるのを忘れて、買い物に行き同じ物を買っては冷凍庫にあるものをそのまま放置するようになったことに気づいた。

なんと怖ろしい。


たとえ見つけても次のゴミの日まで出せないしなぁ…と思うと再び忘れてこの工程を繰り返す。

今はまだ、それでも思い出せばゴミの日に出すことができるけれど、高齢になると鼻がきかなくなるため、冷凍やけしていてもわからずに食べてしまうと思う。
野菜も魚も肉も結局は余分に買い置きしても食べきれない。

どこの家庭も同じ様な話は聞くけれど、月に1〜2回は冷蔵庫も冷凍庫もカラッポになるように不必要なものは余分に買い置かないようにしようと思う。

*アニマルカウンセリングのお申し込みはメッセージボックスからは受け付けておりません。下記ホームページのお申し込みフォームからのみとなりますのでご了承ください。

<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師のコミュニケーションが1万円で受けられます。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com


*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。












コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ