My Yahoo!に追加

2014/9/8

胃がん手術の後遺症  父の癌治療

土曜日の夕刻から日曜の明け方までそれはそれはものすごいどしゃ降りでした。
市場での野菜は長野県さんが主流の時期でうちも野菜を出荷してるんですが
年明けの大雪と連日の豪雨と初夏の猛暑で葉もの野菜の成育状態が悪く、
出荷量が減っています。

・・・野菜・・・高いでしょう?

日曜に日付がかわり畑に向かうと田んぼのように水浸し…積み荷のトラックが入れないため詰めては運び詰めては運びの繰り返し。真っ暗ななかでわずかな懐中電灯の明かりだけで切って洗って詰めては運ぶ。トラックまでの距離は約100メートルを何度も足をとられて転びながらびしょ濡れで往復する…。

集荷場で荷下ろしを済ませ帰宅は午前5時半。

ヘトヘト〜(;´Д`)

大体、普通ならねぇ、今頃、野菜の値段が下がるんですよ。
そろそろ、安くなるんじゃないかって(農家には辛いんですが)思っていたら
台風が来てるんですよね。これで、被害が出ればまた値上がりしますよ。

キャベツとか、小松菜は加熱しないで切って冷凍しておけば結構、長い期間保存ができますし、たまねぎやにんじん、大根なんかも切っておけばそのまま加熱できますから自家用野菜の場合はほとんど、冷凍しています。
ア、小松菜は生のまま冷凍してそのまま解凍して水気を絞ればお浸しにできます。
加熱するより解凍そのままのほうがシャキシャキしておいしです。ほうれん草はダメですけどね。


母が亡くなってから父の体調がすぐれず、1日に玉子焼きを一切れと牛乳1杯くらいしか口にできず、なにかいいものはないかと探していました。
兄は明治の高カロリー牛乳を買い与え増したが吐き気の強い父には合いませんでした。

聞くところによると高齢者が胃がんの手術で2/3を切除するとほとんどが後遺症で食事が取れなくなり、衰弱し、激やせするらしく、ネットで調べると苦労している人が多いみたいです。
彼方此方調べて、合うかどうかわからないけどテルモの流動食を見つけました。
スープと、かつおだしのお吸い物、デザートのゼリー、高カロリーのパック牛乳やジュースとメニューが色々ありました。そして、これなら飲むかな?と思ったのが高カロリーの麦茶でした。
お試しでそれぞれ少量ずつ注文し、送りました。
電話をして父に伝えると、やはりなかなか、気が乗らないらしく無駄になったかな・・・とも思ったんですが試してみなければどうにもならないし、高価なサプリは負担が大きすぎる・・・。ていうか、父はサプリを基本的に一切飲まない。病人じゃないから入院もできないし、ヒーリングも受けているし、とにかくほかに方法がないんですね。

なぜ、これほど医学が進んでいるのに、胃がんだけは食事が取れなくなるんでしょう。
10年前から技術は進歩してるけど後の経過が手術前よりひどくなるなんてどういうこと?

胃の収縮力の問題だっていうけど心臓や脳の手術よりも難しいの?切除した細胞の復元はできないの?
 
胃がん学会の先生方、ナントカして〜!
頑張れ、研究チーム!


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ