My Yahoo!に追加

2014/9/2


8月30日,親戚全体のスケジュールを考え、母の四十九日法要を済ませました。
真言宗でも最近はあまり行わない笠餅を用意して住職に切り分けてもらい、「顔が悪いから顔はお前がもってかえれ」とか「思いやりがないからアンタはこれや」とか「性格悪いからこれはお前や」とかそれぞれが言い合って笑い、和やかな法要になりました。

翌日は早朝から母の遺品整理をしました。兄も父も知らない遺品のなかには私が子供の頃に見た母方の祖父の形見の品がひとつありました。

古い印籠でした。
祖父はそれに刻み煙草を入れて使っていたと聞いた記憶がありました。美しく丁寧な細工を施した猿の根付けがついていて少しキズがあったものの綺麗な品でした。

母は宝飾品にはあまり興味がないひとでしたので残されたものは母自身が若い頃に親から譲り受けた古い真珠の指輪や珊瑚のブローチが数点あっただけでした。

うちにはあとを引き継ぐ人も居ないから私がもらっても仕方がないので遺品は兄夫婦に渡しました。服も趣味が合わないため誰も欲しがる人もなく処分することにしました。

最近は形見分けなんてやらないし荷物が増えるのでゴミやリサイクルショップに出すことがほとんどです。

年老いた父の前でゴミ袋に気前よく詰め込むのは可哀想だと思いましたが兄嫁に頼むのも気をつかうだろうし、それなら娘の私がやらなくてはなくては・・・と心を鬼にして処分を頑張りました。

ぎりぎりまで片づけをして電車に飛び乗り昨日の朝、高速バスで帰宅しました。

シュナくんとラーマさんがベランダから鼻先を鳴らしながら出迎えてくれました。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ