My Yahoo!に追加

2014/7/10

三途の川のちょっと手前・・・行っちゃダメ!  癒しと祈り

今朝、台風対策で苗木を紐で結わえていると実家の父からの電話があった。

早朝と真夜中の電話は大抵、悪い報せ。

出てみると絞り出すような声で父が「おかあさん、もうあかんわ…もう昨日の晩から一気に悪なってるで。食べんようになったし水も飲まんようなった。先生もな、みんな覚悟しといてくれって言われた。兄貴とおばちゃんとこに電話してくれ」
と涙声で話してすぐに電話を切った。

台風だし土日はフェスティバルがあるし、カウンセリングの予約や畑はどうしょう…。

とりあえず兄に連絡し病院へむかってもらい、私は叔母さんに電話をかけて事態を伝えた。その後、兄から母の状況を聞く予定で電話を待ったが二時間たっても連絡がなく案じていると叔母は待ちきれず病院へ行くと連絡をくれた。

母はうわごとで早くになくなった自分の両親、つまり祖父母と会話をしているらしい。少し前まではお花畑のきれいなところが云々という話もあった。つまり三途の川の一歩手前の世界を体験しているらしい。

遠隔でエネルギーを送り母にメッセージで何度も話しかけ、イメージを伝えた。

昼過ぎに叔母から連絡があり、これまで頑張り続けていたが今回は今までよりも深刻な状況だと担当医師から覚悟をするように言われたらしい。

その後、夕方、叔母からメールが入り父を病室に残して帰宅するが母は点滴で少し会話が出来る程度に意識が戻ったらしい。

まだ安心とは言えないがこれでフェスティバルにはなんとか出勤できそうで少し気持ちが落ち着いた。一年間一緒に過ごした生徒さんたちのフェスティバルだけはなんとしてもいってあげたいし、見守ってあげたい。

母がみんなの力で励まされ意識を取り戻してくれたことで私の仕事にも大きなパワーをもらえた気がした。


<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい



2014/7/15  7:04

投稿者:愉意

myamyaさんありがとうございます。三途の川から追い返されました。病人はどうしても波がありますね。天候に左右されたりわずかな気温の変化にも反応しているように思います。母の場合はとにかく食べるので、治療はもちろん必要ですが体力があるのでいざというときに強いですね。食べることがいかに大切かがよくわかります。

2014/7/10  22:15

投稿者:myamya

そんなにご心配な状況でもフェスティバルのこと、生徒さんたちのことが気にかかる。皆に温かいお心を配られるのですね。感服です。
お母様、三途の川はずっと先でも渡れますから、どうか、どうか、見るだけぐらいにしてください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ