My Yahoo!に追加

2014/4/17


昨日は八ケ岳ペットツーリズム協議会の総会でした。
八ケ岳の自然文化園の中の自然に囲まれた遊歩道を散策したり、周辺の別荘のわんちゃんたちに挨拶したりして、総会が始まるまでの時間、ゆったりと過ごしました。

総会の後は懇親会に参加。園内にあるレストランで普段はお会いできない方や役員さん、理事さんともお話することができました。

(ビン詰めプリン、美味しかったなぁ・・・杏仁みたいなにおいがしたけど・・・。)

私はシュナくんたちに4時半には帰ると伝えていたので一足お先に失礼したのですが、皆さんはその後もワインを飲んだり、楽しそうでした。ココは近くまでバスが出ていますからアルコール、大丈夫なんですね〜♪

八ケ岳の中をずーっとひたすら走り、出会ったカモシカさん。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆっくり静かに近寄ったのでまだ、新芽を食べるのに夢中です。

前と後、対向車がなかったので道路わきに寄せて声をかけました。
クリックすると元のサイズで表示します
(こんにちは。)
「!」カモシカ、固まったように私をガン見。

(あなたの姿を写真に撮らせてね。車から降りないし、あなたに危害を与えるつもりはないから。)

カモシカさん、だんだんこっちに近寄ってくる・・・。

驚かせないように車の助手席側の窓を開けると車のすぐ近くまで来てくれました。

前からは大型のトラックが近づいてくるのが見えたのでもう一度声をかけた。

クリックすると元のサイズで表示します
(あ、いいよ。危ないから。こっち来ちゃ。)

カモシカに気づいたら後続のドライバーがカモシカを見ようと車を停めてしまって事故につながるし、カモシカを驚かせてしまうので
(危ないから車に気をつけて。ありがとう。)
と挨拶をし、ふたたび、ゆっくりと車を発進させた。

八ケ岳の中でもカモシカをまじかに見るのは久しぶりだった・・・。
見かけるのはほとんどニホンジカで、しょっちゅう事故にあっている。

カモシカは比較的、山奥にひっそりと暮らしているらしく10年前に比べて川上村の中でも見かけることはほとんどなくなった。牧柵で野生動物が山から下りてきても畑や民家に近づかないように地域で活動しているため、野生動物はクマをはじめ、サルも狸もキジも、ウサギもキツネもカモシカも、みんな、山の中で過ごすようになった。

以前は畑のすぐ近くにカモシカがいたし、苗を植えていると後ろをウサギがついてきてせっかく植えた苗を食べつくしていたこともあった。
夜中の出荷作業で野菜を切っているとすぐ隣にキツネが来て手元を覗き込むこともあった。

それに比べニホンジカは堂々と道路を横断する。立ち止まって此方の様子を伺っている。
電車にはねられるし車にもぶつかる。清里辺りには50〜60頭が集団でお食事をしている姿は朝夕にほぼ毎日見ることができる。

牧柵は自然の中では不自然なものだけど、共存するためにはお互いの安全のために重要だと思う。

カモシカと別れたあとも胸がどきどきと高鳴った。カモシカの美しさに興奮した。

野生の美しさ、気高さ、神秘・・・。

田舎は不便が多いけどやっぱり野生動物がすぐ近くで暮らしていることを思うと、都会の暮らしに戻りたいとは思わない。

今の不便な生活こそが幸せだと実感できる。

カモシカさん、ケガや病気にならずにどうか、幸せで暮らしてください。

生命に感謝です。


期間限定キャンペーン中・「3月1日から受け付け〜4月末まで。12000円が8000円〜10000円に」
アニマルコミュニケーション(色鉛筆画が無しの場合は8000円・色鉛筆画付きの場合は10000円)☆「ブログ見た」と必ずご記入ください。
<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
*ハーブの会、レメディ教室の会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ