My Yahoo!に追加

2014/2/17


金曜日の朝から降り始めた雪は1時間おきにたちまち積もってしまって、振り返ると、さっきかいた場所がもう積もる・・・そんなことの繰り返しだった。道路には轍ができ、門からの出入りが困難になるので夕方に再び雪かきを済ませたらダンナが帰ってきて

「雪かきしてくれたから助かったよ〜。入り口は入れないかと思ってさ・・・」
とはなしていた。

夜になっても雪はどんどんつもり、ベランダが危険なので19時と22時の二回、雪を下ろした。

翌日、玄関を開けようとしたらドアは完全に雪で押されてしまってわずかなスキマに傘を入れ、こじ開けたら目の前は真っ白でお向かいの民家の屋根しか見えなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

この時点で雪は1メートルは軽く超えていた。

土曜のニュースでは県内50センチの積雪とか山梨甲府では45センチとかいっていて、
長野県内でもこのあたりは相手にされていないのか話題にも乗らなかった。

雪かきを始めてとりあえず、人が通れる道を作ろうと、スコップ片手に6時半から初めて
60センチ幅くらいの道を作り両脇に積み上げたが敷地内で雪崩が起きてきりがない。

クリックすると元のサイズで表示します
(裏庭でお隣の屋根から雪崩が起きていた。)

新聞も、宅急便も郵便も来ないし、商店には品物が入ってこない。
完全な陸の孤島。

村内の道路はなだれで寸断し、通行できず。

除雪も間に合わないから通行止めにあうばかりで国道にも出られない。

完全に孤立した。

ある村では自衛隊の救助派遣要請がされた。
川上村は要請なし・・・。
「自宅から出ないように」という村内放送が繰り返されるばかり。

腱鞘炎になるばかりで自分達の生活は自分達家族で守らなければ生活できない。

灯油がなくなってきたのでタンクまでの道を作った。
これが続くとタンクローリーが来れなくなって灯油もかえないだろうと思う。

水曜・木曜にまた雪が降る。

孤立した村・・・。
昨日また少し、雪が舞った。

もう、180センチは超えた。

ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村

<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
*ハーブの会、一般会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい





2014/2/20  13:34

投稿者:愉意

myamyaさん
あたたかなコメントをありがとうございます。お元気ですか?
この辺はもともと豪雪地帯ではないので、(凍結地帯)ほとんどこのレベルの雪は知られていません。村では業者さんの除雪車が夜、道路の雪や轍を削っています。ですが民家の敷地内が昔からの農家なので建物から入り口までどこの家も相当な広さがあり、その雪を吐き出して捨てるところがありません。
トラックの荷台には積もった雪の重みで動かすこともできず、うちもそのまま裏庭に放置状態です。というか、裏庭まで雪かきがおっつかなくて。

トラックが出せれば雪を積んで千曲川に流せるのですが、千曲川の堤防も除雪が進まず・・・。一つ一つ、人海戦術で処理していくしかないですね。
まずは村も、高齢者、独居老人を有線になるでしょうから各民家で自己対処することなんです。

食品は大抵の家では漬物と米、味噌があれば昔からの冬の過ごし方でしのげます。
灯油もいまは届いています。これで電気と灯油がなければ結構大変な事態になるでしょう。
震災のときの神戸や東北の方の苦労を思えばまだまだ大したことはないと思いました。

自然は明暗を分けますが平等ですね。
代用できるものを考えること、必要なものは日ごろから備えること・・・改めて感じました。


2014/2/19  16:15

投稿者:myamya

今も孤立状態の地域が幾つもあるようですが、そちらは改善されましたか?
どんなに心細く不自由な日々を過ごされているか、心配しております。
お役所で除雪車を出してくれたり、ヘリコプターで食料品や燃料を運んでくれたり、といった対応はないのでしょうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ