My Yahoo!に追加

2013/12/16

今更?の気づき  癒しと祈り

嫌いなひとが身近にいるとしたら…。人生の大先輩達はどうやってやり過ごしてきたんだろう、と思う。今みたいに情報もなく、携帯電話やメールもネットもない時代に、ただただ、ひたすら我慢をして耐え抜いてきたんだろうか。

 学校や職場や親戚やご近所…自分のまわりに、もし、イヤなひと、感じの悪いひと、偉そうなひと、嫌いなひとが、もしも、居るとしたら。


以前、カウンセリングを受けたときに私は「あなたは人の好き嫌いがあまりにハッキリしすぎている。あなたは怒りをあらわにすることはないけれど嫌いな人を徹底的に排除しようとする傾向が強い。」と言われたことがありました。そして、「人にはそれぞれ役割があるということを理解しなさい」と教えていただきました。

「・・・そうか・・・。じゃ、理解できる人になろう。」

そして、そうなったつもりでいました。

人の好き嫌いはもちろん、多少なりとも誰でもあるのだろうけれど、それをなおすということは私にとって結構な難題でした。

攻撃的な言動を投げかけられると、いくら頭でわかっていてもその人を理解できず、いいところを探してもイヤな部分の比重があまりに大きすぎて、いいところがあっても何か裏があるようにしか見えない…。なにかトラブルが起きたときに原因を探して改善するより誰がやったかの犯人探しを優先し、自分以外の誰かを追及し、徹底的に攻撃する人…。

そういう態度がやっぱり、本当に嫌でたまらなかった…。

『でも、受け入れなければ・・・あぁ、やっぱ、この人きらい。私はダメだなぁ。』

その状態がずっと続いていました。

何年も何年もその攻撃的な言動を受ける度にただ腹立たしさばかりが残り、ますます蓄積されていきました。


ところが、最近になってその人が『憎まれ役、そういう役割』をしてくれているのだと思えるようになりました。

言葉では『そういう人も理解して受け入れることができるようになった大人の私』をここ数年、演じてきていただけだ、と気づいたんです。

『嫌われる役割』『頑張っても認められない役割』・・・だから周りの人のちょっとした失敗やミスを徹底的に批判し、自分が悪くないとアピールし、攻撃する・・・。

そういう人って『イヤな部分の塊みたいだけど極端なだけで誰もが多かれ少なかれ持っている陰の部分』でそれを身をもって知らせてくれているんだ、と改めて思えるようになりました。

人は鏡…。

嫌いなひとは「自分の中にあるんだ」ということがようやくきちんと理解できるようになりました。

もう充分に「大人の年」になったけど頭でわかっていたつもりが今になってようやく、本当の意味を理解できるようになるとは…。

遅っ!!

うん、確かに「今さら〜?ヒーラーやってるのにぃ?」ですが。


だけど、それでも、気づけた自分が嬉しいです。

2013年が終わりに近づいて、今年もちょっとだけ成長することができた気がします。


↓ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村

<カウンセリング・ヒーリングのお申し込みは下記ホームページの料金表、お問い合わせフォームからどうぞ。>
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
*ハーブの会、一般会員さん募集中〜♪お問い合わせ下さい




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ