My Yahoo!に追加

2012/11/7

ハーブの会もやってしまおう  プランツコミュニケーション

「ハーブの会・2013」(仮称)やっちゃいます。
今年の夏は本業よりもがんばったハーブを育てること・・・。
今まで趣味とまでもいかない程度に野菜作りのついでにはなやハーブなどの植物も育ててきたんだけど、薬効やヒーリング効果にどんどん魅力を感じ、レメディ同様にちゃんと勉強してみたいと思うようになった。

いろいろやり始めると作ったことのない料理や名前も知らなかった身近な野草にもたくさんの効能があることを知るようになり、趣味が高じてとうとう、レメディの教室とは別に、会まで開きたいと思い始めた。

そして、まずは、普段から野菜や花やハーブの苗をやりとりしているご近所さんやいとこの奥さんにそのことを伝えると

「ハーブならやってみたい」
という仲間ができた。

園芸というのは庭造りのプロがたくさん居るので教室なんていうのはおこがましくて、まだまだ、逆に教えていただくことがたくさんある・・・。

だから、まずは同好会的にはじめて、ハーブをみんなで育て、お茶にしたり、それを料理に実際に使ったりしてお食事会をやっていきたいと考えています。

川上ではほとんどの家庭が農家なので農閑期に体のメンテナンスもハーブでできれば最高です。

平日に行いますので、最初は少人数になると思います。もし、参加してくださる方があればよろしくおねがいします。
2月から開始予定ですので詳細は1月にご連絡いたします。


昨日はお姑さんの体調がよかったらしく、新そばを打ってくれた。
蕎麦はお姑さんが川上で農協の組合員さんの集まりのなかで一度は解散した伝承料理の会を数十年前に再発足し、講習会のような形で教室のように開催してきたのでうちのそば粉はその会で用いられることが多い。

わたしたち家族も年に1〜2回はお姑さんの蕎麦を食べさせてもらえるんだけど最近は82歳という高齢から体調のよいときのみ作ってくれるので去年は口にすることがなかった。出荷のそば粉は実をそのまま農協に出荷するので手元に残らないということも事情の一つですが・・・。
手打ちは、かなり肉体的に重労働ですしね・・・。

時間がたつと溶けてしまうので一回ですぐに食べきる分だけ打って食す・・・。考えたら超、贅沢です。

わたしはというと2日前から浸しておいた小豆が分量を間違えたのか、大量になり、お鍋に2杯も煮あがってしまった。
ハーブの会に賛同してくれたいとこの奥さんに連絡するとお鍋を持って取りに来てくれたのでおすそ分けし、今日も、もうお一方のもとにお分けすることにした。

黒砂糖と蜂蜜で煮た小豆・・・。本当は甘納豆を作る予定でしたがこれから数日間もかけて甘納豆を作る気力が失せてしまい、甘露煮やおぜんざいでいただくことに致しました。

・・・それにしても・・・。

もうすぐ健康診断だというのに、こんなあまい生活をしていていいんでしょうかねぇ・・・。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ