My Yahoo!に追加

2012/6/15

実家からの電話「父の癌治療」  父の癌治療

先日、実家の兄から連絡があった。


兄妹だけど親族になにかあったり両親が怪我をしたときとか、病気で入院したときしか電話がかかってこないので着信が兄とわかった途端にいい知らせではないと感じました。



「おやじが進行性の食道癌で緊急入院した」


もうすぐ父の日ということもあるけれどこの半月ほど父の夢を見たりしてなんとなく気になっていた…。


父は、この半月程の間に体調が悪くなり一日にお粥をお茶碗一杯が食べきれるかどうかの生活をしていて、ノドに違和感があり口のなかが自分で生臭かったという。


兄が見たときも食欲がなく、便秘が続き、激やせをしていた、と。


病院にはかかりつけの担当医がいるのでそれまで、脚に温泉で傷口からウィルス感染し、菌を殺すための注射をしたり、脳にむけて首から神経が伸びて入り込み、それによる激痛があるためブロック注射を受けていたこともあって同じ病院内ですぐに検査を受けることができた。



食道にはブドウの房のようなゴツゴツとした腫瘍があちこちにできていて管がふさがり、数日前に食べたご飯がそのまま詰まった状態で胃に落ちていないという。
父もレントゲンを見ながら担当医の説明を聞き、最初は平気そうにしていたけれどやはり改めて進行性の癌だと言われるとかなりショックを受けたらしくしょんぼりとうなだれていたらしい。


担当医はその後、管を通して詰まった食物を胃に向けて下に突き落とした。



自宅でどす黒い血の塊を吐き、ようやく病院に行ったため、短期間ですでにもう腫瘍は食道に拡がっているそうで、進行性のガンの恐ろしさを改めて知らされた。



今は検査の結果が出ていないので手術ができるかどうかの判断はまだわからないそうだけど転移がなければ81歳の年齢は更新できると思う。


去年、叔父が亡くなり、今年の春におばが肝臓癌にかかり闘病中、私の母親もC型肝炎で長年治療を続けているけれど次々と倒れたり旅立っていく身内が毎年いて、自分がそうやって見送る年になったことをつくづく感じています。



亡くなった祖父も60代で食道癌の大手術を受けその後20年生きた。


癌の家系であることは承知しているけれど、もともとノドや消化器が弱い父だけに、食欲が落ちやすい。
検査続きで絶食絶水になるとまた体力も落ちてしまうけど、なんとか乗り越えて手術ができればと願います。



2012/6/16  12:54

投稿者:愉意

小太郎さん
あたたかなお見舞いコメントありがとうございます。お母様もがんですか。
みんないつかは病気になることもあるし自分自身もおそらく体質的にがんになることは予想しています。父も祖父の食道がんをみてきたので自覚症状はあったとおもいます。母が怪我で杖が必要になり家事をほとんど父がやっていたので自分のことを後回しにしてきたことも進行させた原因のひとつになったのでしよう。近くに居ればきづいてあげられたのに母の世話を任せっぱなしにしてきたことを後悔しますが、今は回復を願うことが娘の私にできる唯一の事だと思います。
小太郎さんもお母様、どうぞお大事になさってくださいね。

2012/6/16  12:46

投稿者:愉意

tetsurowさん
あたたかなコメントありがとうございます。
年をとるとみんなどこかに病気が出るけれど80を過ぎて病院のベッドで過ごすのは本人も家族もつらいものです。
今まで何度も大病を乗り越えた父ですが少し気弱になっていることを思うとさんざん親子喧嘩をしたことがいまになって悔やみます。
お互いに病気の家族を持つ身ですが、できることはしてあげたいですよね。
お母様、大切にしてあげてくださいね。

2012/6/16  9:29

投稿者:小太郎

心配ですねぇ。
ウチの母もtetsuro-wさんのとこと同じガン。
tetsuro-wさんのお母さんが頑張っているので
力付けて貰っています。
先はのぞめそうも無いので、せめて
愉意さんのお父さんには回復して欲しいな…

http://kyu.dtiblog.com/kotasyann

2012/6/15  16:45

投稿者:tetsurow

お父さま、進行性の癌とは
とってもご心配ですね。
同じく癌で闘病中の母を抱える身として、
愉意さんの神様へ願うようなお気持ち、
切実に伝わってきます。
お父さまが無事に手術を受けられて
ご快復されること、心よりお祈り申し上げます。

http://tetsurow.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ