My Yahoo!に追加

2012/5/14

環境の改善  癒しと祈り

田舎の住宅には各家庭に塀を付けずにそれぞれが行き来できるように住まいを建てています。



近所付き合いが深いのでそれによるトラブルはさほどありません。



ところが、年に二回程度自宅周りをゴミをとったり植木の手入れをはじめると缶ビールや缶酎ハイの空き缶がゴロゴロ出てきます。



あるとき、二階の窓から裏庭を眺めているととことこと人がやってきてポーンと何かをうちの敷地に投げました。


カランという音がしてすぐに逃げるように立ち去りました。



空き缶の投げ捨てでした。


裏庭の物置の周りには花や木も植えていますが、資材や廃材を置いているのでゴミを隠して捨てるには条件がいいんでしょうね。



だいたい、どの家庭の誰がやっているのかは見当がついていますが、本人が気づかなければこちらが一方的に苦情を言いに乗り込んでも意味はありません。


ゴミを捨てられない環境にすればいいんだ!



きれいなところを汚す人はいません。



ゴミを捨てやすい環境に、隠れて捨てなければならない状況にある人物が捨てに来るのです。


家庭内でお酒が手に入るのに堂々と呑めない環境にある人。


未成年だったり、病気で呑んではいけない人、または家族に気を使って隠し酒しか呑めない人…。



遠方からわざわざ空き缶一個を捨てに来る人は居ないので近所で、おそらく未成年でしょう。



私も未成年時代に飲酒も喫煙もしていましたから、まぁ、大半の方が通った道です。



捕まえて怒鳴るより周囲の大人が環境を整えてあげることがよいと判断しました。



未成年が大人になっても気づかなければそれは問題ですが…(苦笑)



2012/5/16  11:24

投稿者:愉意

小太郎さん
そうですねぇ
まぁどれくらい意識してもらえるかは本人によりますがたいてい不法投棄も見えないところにやられますから。地方ほどひどいですね。来年まで保てるかどうか…。
こちらの心構えも必要ですね。

2012/5/15  20:27

投稿者:小太郎

なるほど、納得の仮説と対処法。

きっと綺麗は維持されますよ♪

http://kyu.dtiblog.com/kotasyann

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ