My Yahoo!に追加

2012/4/20

お母さん、ちょっと!  クリシュナとラーマ

朝ごはんのあとベランダでシュナくんが何度も私の顔を見てはうろうろするので


シュナくん、どうしたの


と聞くと


「またラーマがこっち来れなくなった」


と言うので覗いてみると30センチ程度の高さのバケツが並べてあるところを飛び越えられず立ち往生していた。



ラーマは子犬のころから高さのあるものを越えられない。



ラーマぁ、大丈夫だからこっちおいで。
そっちに行くのはできたんでしょ?


と呼ぶと


「でも怖くてだめ。」



どうやらシュナくんにつられて飛び越えたから先にシュナくんが飛び越えたら再び戻ってこられるのかと思ったら、右ハンドルと左ハンドルの違いみたいな感覚だと教えてくれた。
つまり景色がラーマの飛び越えやすい景色ではない。
なんでもシュナくんのマネするからね(*´∀`*)



なるほどなぁ、と思いました。
ききて側みたいなものですね。



何か集中するものがあれば飛び越えられる。


名前を呼びながらおやつを見せると鼻を鳴らしながら最初はうろうろしていたけれどしばらく待ってあげると一番低いバケツを飛び越えてようやくやってきた。


出来たね、ラーマ。越えられたね。偉いね!すごい!


ラーマさん大喜びでした。




でも…おやつがないと越えられないようです。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ