My Yahoo!に追加

2011/2/24

ぼくは旅立ったI-5春の陽気を感じながら  アニマルコミュニケーション

昨日の火葬は澄み切った青空が拡がり千曲川にお陽さまがキラキラと輝く春のような天候でした。


花に囲まれたしのちゃんの火葬は私が自宅に戻ってヒーリングしたり、祭壇を作ったりしているうちにあっという間に終わりました。


業者さんから終了の連絡があり家の裏に行くとしのちゃんは真っ白なきれいなお骨と灰になっていました。



尻尾から順に骨ツボに納めて頭蓋骨を最後にいれ、蓋をしようとした途端、ハプニングが…!



春一番のような突風が突然、吹いてしのちゃんの骨ツボが倒れて転がり、お骨が堤防に散り風に舞い上がりました。




わあっ!大変!



風にどんどん舞い上がるしのちゃんの小さなお骨。



業者さんと大慌てで拾い上げて泥を落としながら再び骨ツボに納めました。




業者さんは「すみません!私の不注意でした!」と平謝りでしたが、不可抗力?というかまさか突風で骨ツボが倒れて道端にお骨が散らばるなんて思わないし、予想できないことでしたから、もちろん怒るなんてしませんよ。


…というか…しのちゃん!


やってくれましたね?


ゲージに入れられるのも嫌な子でしたから骨ツボみたいな狭いところに入るのは絶対イヤだって思ったんでしょうね。


風と共に舞い上がりました。


しのちゃん、最期の最後まであなたは愉しませてくれますね。


業者さんはしのちゃんのかわいい爪を私の手のひらに乗せてくれました。

しのちゃんが悩みの種だった歯石のついた歯はなぜか一本だけ焼けずに歯のまま遺っていました。
その二つだけは骨ツボでなく、小さなカプセルの中に入れるようにお願いしました。




しのちゃんが望んでいたように『いつもどこから見ても全部お母さんが見える』ように…。

クリックすると元のサイズで表示します



2011/2/25  19:24

投稿者:愉意

tetsurowさん
ありがとうございます。そうなんですよ、空に向かって舞い上がりました。
寝そべっていつも手を差し出して私の手を触ったり顔を触ったりしていたときの写真があります。その写真がどこに置いても私を見ていてまるでそこに居るようです。
本当にかわいい猫でした。

2011/2/25  12:53

投稿者:tetsurow

しのちゃん、風とともに、
天国へ舞い上がって行ったのですね。
でもきっといつでも風に乗って、
天国から愉意さんのもとへ
戻ってきてくれますね。
しのちゃんからの風のメッセージ、
愉意さんならばきっと
全身で感じてくれることを
ちゃ〜んとわかってるのですね。

http://tetsurow.exblog.jp/

2011/2/24  14:18

投稿者:愉意

Yokoさん
しこり、小さくなってるんですね。よかった。あとひとがんばりで手術ですよ(^-^)
まりん、生きるんだよ!必ず!

2011/2/24  14:16

投稿者:愉意

小太郎さん
きっと小太郎さんが美味しそうな肴をつまみながらお酒を呑んでいるところも覗いてましたよ(^-^)

おつまみ、減ってませんでした?

2011/2/24  10:25

投稿者:Yoko

風に舞って大好きな土地で
大好きなお母さんのそばで舞ってたいとおもったのかな?しのちゃん^^
おはよう!

愉意さん おはようございます!
お母さんの心をちょっとでも軽やかにしてあげようという
優しい かわいいしのちゃんのエピソードですね。
病気や老齢の子のいるお家は
どうしても自分ひとりのような気分になって
落ち込んだりしたりするもので
私は、愉意さんやしのちゃん
それに・・天に帰っていった龍ちゃんやはなちゃんのブログを読み返したりして
勇気をもらっていたので^^v
もちろん頑張ってる本人の生き抜くさまとか・・
みんな一緒にがんばってるぞ〜
って感覚はとても大事だと実感しました。

まりんのしこり・・お薬の効果もあるかと思いますが
小さくなりました^^
急遽思いついたフラワーエッセンスのお花の精たちにも助けられています。
あとは、手術するかいなか・・痛みがあるのなら取ってあげたいし・・
ここは悩みどころです。


2011/2/24  9:49

投稿者:小太郎

そうですか…
風に乗って舞い上がって行ったんですね…

http://kyu.dtiblog.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ