My Yahoo!に追加

2010/8/2

マンモグラフィにはさまれました  乳癌検診

乳癌検診が終わりました。
立川北口の健診館に行ったんですが綺麗なところでしたよ。


若い女性が多かったけどなかには健康診断のサラリーマンさんが数人来ていたり…。


入口の受付で番号札を取って順番待ちしているとバインダーを持った女性に名前を呼ばれ清潔な感じの女性専用ロッカールームに案内されました。


「検査着に着替えたらあちらの奥のピンクの箱にバインダーを入れてお待ちください」


と言われ検査着に着替えてそこへ行くと午後一の予約は私が一番だったのですぐに女医さんの触診を受けました。


あの〜、自分で触ると左の鎖骨下10センチくらいのところに何かしこりがあって引っ張られるような感じがありましたがそうですか?


と聞くと


「絶対に違うとは言えないけど、レントゲン撮らないとなんともねぇ…う〜ん…」と。


触診ではかすかに何か触れるものはあるけど多分…大丈夫だそうです。


やっぱり昨日のヒーリングで消えたね。


ホテルで自分で触っても確かにあったはずのしこりのかたさがほとんど感じられませんでしたから。


「では、触診は終わりましたからバインダーを持ってお待ちください。」


と女医さんに言われて、お礼を言って退室。


次がいよいよマンモグラフィです。


女性技師さんにバインダーを渡すと心構えみたいな説明書を手渡されその人が淡々と説明し、レントゲンの準備をする間、上半身裸になって待っていると名前を呼ばれました。


「…足を肩幅位に開いて。右の胸から写しますから左へ少し体を向けて手で台のしたのところを持ってください。お顔は左に向けてお耳を板に当てます。ちょっと高さを合わせますね。肩の力を抜いて下さい。」


言われるままに動きます。


「はい、ちょっと引っ張りますよぉ。我慢できない痛さならおっしゃってください」


はい。(あれ?痛くないやん。)


「はい、一歩下がってお待ちください。次、左です。」


左胸も手順同じ。


「はい、左右終わりました。次は横です。」


機械が半回転し今度はタテに挟まれるアタシ。


「今度は機械の角に脇をあてて手のひらで台をつかんでください。脇の乳房を寄せますね。我慢できない痛さなら、おっしゃってください。」


(張りがないからかな〜。痛くないんだなぁ、これが。)


「次は反対側をとりますから一歩下がってお待ちください。」


指示を受け下がるアタシ。


「痛くなかったですか?」


あの…なんかね、若い人は張りがあるから痛いけどある程度の年になると張りがないから痛くないって聞きましたけど本当に痛いと言うほどじゃなかったです。


「いえ…(苦笑)そんなことは…。」


(やっぱりそうなんやな?)


マンモグラフィは昨日聞いていたように?どーせアタシは「ある程度の年」の人だからぺったんこにされようが引っ張られようが捻られようが哀しいかな痛みはなく終わりました。


やはりレントゲン結果は二週間かかるそうです。
すぐにわかるのは触診のことなんですね。


とりあえず触診では大丈夫です。


すごいぞぉ、ヒーリング!消えた。消えた。


乳癌検診をまだ受けたことがないかた…私はネットの「人間ドッグのここカラダ』で予約しました。


子宮ガン健診とか他の検査内容によりますが乳癌の触診とマンモグラフィなら15分くらいで終わります。


費用は7875円でした。

マンモグラフィは若い方でも痛くないって言う人もいらっしゃいます。
ネット予約で女医さんも選べますから全然抵抗なく受診できます。

まだ受けたことがないかたは、ここならイヤじゃないと思いますよ(*^_^*)


…と、せっかく気持ち良く機嫌よく立川から甲府まで帰ってきてパーキングに行ったら…なんと駐車料金7600円!
仕方ないよね、昨日の早朝に他に空いてなかったもん…てか、探していたら遅刻するし。


100円って30分100円だったのね…(T_T)


帰宅したら洗濯物は山積みだし掃除しなきゃいけないし、シュナのウンチを片付けてベランダを掃除したら排水溝が詰まるし、いいことと悪いことって一気にプラスマイナスになるのね…(T_T)


今夜はしのちゃんと早く寝よう。明日は二時半に畑で出荷だ…。

お疲れさま。アタシ。


*ヒーリングは医療行為ではありません。必ず医師の診察をお受けくださいね。



2010/8/4  14:50

投稿者:愉意

ryonouskeさん
ありがとうございました。おかげさまで無事に終わりました。

2010/8/3  23:31

投稿者:ryonouske

お疲れ様です。
ゆっくり休んでくださいね。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ