ようじさんのつぶやき。

ようじの今をお届けする日記です。
文才ありませんが、宜しければご覧になってくださいませ。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 スキースノボーブログへ

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ようじ
masa_kさん、こんにちは。

ハイ、レッドファイブ・マンセル号です。

市販車のエンジン技術も、変わっていたでしょうね。

あと、ここの所、エキゾーストを空力に使おう
という動き(オフスロットルブロー等)は、
ターボだとより一層効いたのではないか?
と思ったりもしました。

これからまたターボが戻ってきますが
どんなエンジンになるのか、
興味深く見守りたいです。

http://yellow.ap.teacup.com/youji/
投稿者:masa_k
お〜Red5だー

省燃費の基本は軽量化
その為、重いHVでもある程度技術が安定したら進む道です
エンジン自体の効率を上げるのも様々な考え方があってダウンサイジング・シリンダ数削減は低フリクション、アトキンソンサイクル(ミラーサイクル)は膨張率
ターボは可変排気量とも言える排気量をコントロールすると考えればおいしいトコロだけ使えると言えるでしょう
ポート噴射ではピストン冷却の為、大量に吹いていたガソリンも直噴との融合で無駄にガソリンを使う事が無くなりました

だから(前置き長いww)、F1ターボが続いていれば、市販車の技術ももっと進んでいたでしょうね、今頃HVなんて必要ない位、ガソリン車だけでやれてたかもしれません
そうしたら、運転の楽しい車ももっとあったかもしれませんね
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ