2012/11/25

干満岩・・の不思議  自然

クリックすると元のサイズで表示します

宮島の弥山の529mの山頂の少し下あたり

海抜500mくらいだろうか

急な山肌の登山道の途中に

不思議な石が有るという



干満岩と名付けられたこの岩は

普通に通り過ぎればなんでもない岩に見える。

しかし、正面の黒板の右肩に白い矢印が有るが

その差す方向を目で追ってみると

何か穴らしいものが見える。

ちょうど大人の指が一本入るくらいの小さな穴だ。

そして、その穴から何かが流れ出したような跡が・・・



解説の黒板を読んでみると

この穴からは、海の潮が満ちた時には水が溢れ出し

そして、潮が干いた時にはすっかり乾いてしまうという

その上、その水分を調べてみると塩分を含んでいるらしい。

海抜500mも有る山腹の何の変哲も無い岩が?

満潮になると、はるか下方の海から

海水を吸上げて、穴から噴出す?

瀬戸内海七不思議の一つと言われているらしい。



しかし、考えてみたが・・・

潮の満ち干は地球の周りを廻る月の引力に関係しているらしい。

地球の月に面している部分が、月の引力によって引っ張られ

満ち潮状態となる。

そして、月の真反対に太陽がきて

ちょうど地球を挟むような状態になると

両側から引っ張られて大潮となる。



その大潮のような引力が掛かると

普段から石の内部に水を含んでいるとすると

吸い出されるように流れ出す事は考えられる。



塩分を含んだ水?

日本列島は、はるか昔は海の中から隆起して

大陸になったと言われている。

岩の内部にその頃の塩分が残っている事は考えられる。

あたかも、海水面から吸上げたように水が出る・・・



・・・・・・・・

まぁ いらん詮索するよりも

瀬戸内海 七不思議の方が夢があっていいね((笑い

クリックすると元のサイズで表示します



萩原麻未さんの今後の演奏予定は“カジモト イープラス”
事務所のコンサート予定を見てください。

カジモトイープラス《萩原麻未プロフィル・コンサート予定》


☆上本巨志 ミュージアムコンサート☆ 
2012年 12月 8日 土曜日 午後2時より
場所: 広島美術館 無料(但し入館料要) 

上本巨志 本人ブログ



広島ブログ






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ