2012/10/13

大之木英雄氏・・生きて  

クリックすると元のサイズで表示します

本日中国新聞の朝刊紙面を見ていると

12頁の文化面に『生きて』

という連載記事が載っていた。

中国地方ゆかりの先達の方たちの

生きてきた半生を語ってもらおうという企画らしい。



ネットで、バックナンバーを見てみると

もうすでにかなりの文化人が投稿をされて

継続してきているらしい。



ところで、その最新の記事を載せられている人は

呉地区の名士である

『大之木英雄氏』

もうすでに連載は5回目を数えている。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットでバックナンバーを調べて読んでみたが

日本の戦時中から活躍されてきている人の話は

説得力がありますね。



大きな建設企業グループの代表を務めながら

専門は何ですかという問いに

『判らない!』

と答える所が面白い。

専門を一つに絞らずに

なんでもチャレンジしてきたからこそ“今が有る”

という事なんでしょうか?

人間は小さく固まってはいけないという事ですね。


大之木英雄氏  『生きて』連載文



★萩原麻未 広島交響楽団と共演★
2012年11月7日 福山リーデンローズ
指揮:秋山和慶 ピアノ独奏:萩原麻未


★萩原麻未 ソロ・デビューコンサート★
2012年11月11日 呉文化ホール
萩原麻未 ピアノ独奏


★萩原麻未 PIANO RECITAL★
2012年11月18日 松江市総合文化ホール プラバホール
萩原麻未 ピアノ独奏

☆上本巨志 ミュージアムコンサート☆ 
2012年 12月 8日 土曜日 午後2時より
場所: 広島美術館 無料(但し入館料要) 


広島ブログ






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ