スマホケース その3




やってます〜〜〜。毎日、毎日、ミシン、ミシン。



スマホケース作りもかなり佳境です。





クリックすると元のサイズで表示します



こちらは、前回書いた、キルティングの綿部分の続きです。ワックスコットンと裏地の間にキルティングの芯の綿を挟んだ物がこちら。ま、特に大きな特徴はないですが、これがこのケースの顔になる部分。面構えを決める部分です。


こちらに、キルティングのステッチを施します。ケース作りで2番目に面倒な作業ですが、ここは慎重に縫います。










クリックすると元のサイズで表示します





はい、縫い終わりました。大分形が見えてきましたね。ベルスタッフのような、ワックスxキルティングのゴールデンコンビです、


かなり風格出ました。



つぎは、キルティングの部分と、本体の後ろ部分





この部分とマッスルドッキングします。




クリックすると元のサイズで表示します






ドッキング〜〜〜〜〜!!!!




クリックすると元のサイズで表示します









クリックすると元のサイズで表示します











はい、ドッキングしました。大分出来てきましたね。








そしたら、次はこちら




クリックすると元のサイズで表示します




このケース作りで、一番手が痛い作業がこちら。



フタの取っ手部分の革をカットして、菱目という穴をあけていきます。穴をあけてるのが真ん中のやつ。ミシンでは針が通らないので手縫いです。


取っ手部分は何もないと寂しいので、手縫いで、飾りのステッチを入れて行きます。手縫いをする前に穴をあけて、その後手縫いしたのが、一番右のものになります。




クリックすると元のサイズで表示します



そして、その取っ手に穴をあけて、いよいよフタに装着します。





そろそろ、完成ですね。






では、次は完成品のブログです。






つづく
0
投稿者:TSUTOMU
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ