プリントしています





ヤクルトが日本一になりましたね。





因みに、今シーズン阪神はセリーグで一番勝ったチームです。引き分けの関係で、2位になりました。そして、ヤクルトにも今年の通算成績は勝ち越しています。




そして、そして、ヤクルトは日本一です。




負け惜しみですわ!!来年こそは、優勝セールが出来たらなと、思っています。寅年やしな!



悔しい〜〜〜〜〜〜っ。キィッィぃィぃィぃィぃ!!!!!!!






そんな悔しさをぐっとこらえて、日々精進しておるわけですが。ウエストポーチの製作を少しづつしています。









クリックすると元のサイズで表示します






取りあえず、ひたすら生地へのプリント中。ケルト柄です。一番心が折れる作業です・・・・




どんなのが出来ますでしょうか??



お楽しみに〜〜〜〜〜




進んだらブログに書きますね。



では
3
投稿者:TSUTOMU

ホワイト社 ドクターマーチン など







今日はブーツを4点アップしました〜





まずは久しぶりにバックルブーツから!




クリックすると元のサイズで表示します




ブーツのコーナーはこちらから http://uk-extra.com/boots.htm





イギリスのバイクブーツメーカーの中で、一番頑丈な作りと言っても良いでしょう、ASHMANSのバックルブーツ。



クリックすると元のサイズで表示します





シンプルな4本バックルブーツです。




クリックすると元のサイズで表示します




硬めの革質で、かなり丈夫な作りです。つま先には鉄板入っているので、鉄骨がおちでも大丈夫です。よっ!鉄骨娘!!


サイズは25pと小さめです。使用感はかなりありますが、そこがかっこいいですよ。



クリックすると元のサイズで表示します



フロントのスネあてについてるワッペンがかっこいいですね。この小さいユニオンジャックがそそられますね。




お次は、イギリスのブーツと言えばこれでしょう。



クリックすると元のサイズで表示します




はい、ドクターマーチンですが、こちらはホワイト社のマーチンです。マーチンのイングランド製時代は、AIR WAIRとWHITE社の二つがあって今は無くなってしまったWHITE社が作っていたマーチンです。ヴィンテージ好きな方はこちらの方が好きな方多いんじゃないですかね。


WHITE社ですが、一番の特徴は黄色いステッチの幅が違います。



クリックすると元のサイズで表示します


AIR WAIRに比べるとステッチが細かく、ソールに対して垂直にステッチが入ります。


つま先が少し丸っこい形の物が多いのもホワイト社の特徴です。



クリックすると元のサイズで表示します


↑がAIRWAIRの物ですが、ステッチの幅が広くて、ソールの横側にステッチが入ります。





クリックすると元のサイズで表示します







後、ホワイトの物は革が薄めの物が多く柔らかいですね。頑丈なAIR WAIRが良いのか?柔らかいWHITE社の方が良いのか?これは好みですね。WHITE社のマーチンは↑の画像のような大きめのシワが入る物が多いですね。AIR WAIRの物はもっと細かいシワが入ります。革質の差ですね。



クリックすると元のサイズで表示します





タグはDr.martensの物が付きます。渋い!




クリックすると元のサイズで表示します





状態はめちゃめちちゃ良いです。ソールの減りも少なく、ホワイト社の物でこの状態はなかなか無いと思います。









お次はお馴染みのAIR WAIRのマーチンです。




クリックすると元のサイズで表示します





ま、今のマーチンとほぼ同じですが、ちゃんとイングランド時代の物です。革もしっかりしていて、かっこいいですね。



クリックすると元のサイズで表示します





こちら、外見はかなり良い状態です。



クリックすると元のサイズで表示します



ソールの減りは少しありますが、減って無い方だと思います。紐は純正だと思いますが、黄色が付いています。





そして、最後は14ホール。昭和のパンクスは14ホールちゃうとあかん!!っと化石な言葉が聞こえて来そうですが、やっぱ14ホールですよね。




クリックすると元のサイズで表示します


見た目ははかなり使用感あります。厚手の革質で少し硬く、頑丈です。紐は純正じゃないのが付いていますね。





クリックすると元のサイズで表示します



使用感がシブいっすね〜〜〜。ピカピカが苦手の方には良いんじゃないでしょうか?



クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示します




外見の使用感の割には、ソールがブリンブリンに残っています。ソールにイングランド表記が無いんですが、形状とパーツからイングランド製だと思います。


こちらもまだまだ、長く愛用出来ると思います。





本日は4点、ブーツアップしました!冬に入って来たので、ブーツの季節ですね〜〜。



チェックして見て下さい。






宜しくお願いいたします。




1
投稿者:TSUTOMU

ロンジャンお探しならUK EXTRAへ!!


タイトルが大袈裟ですが、ロンジャン探してるなら当店のレザージャケットコーナーをチエックして。今はもう、ロンジャンしか買い付けていなくて、マンダリンカラーやモンザタイプは無く、本当にロンジャンを中心に入荷させていますので宜しくです。


と言う訳で、本日はヴィンテージロンジャン4着アップしました〜




クリックすると元のサイズで表示します




ロンジャンコーナーはこちらから http://uk-extra.com/leatherjacket.htm







こちらは使用されているジッパーが全てYKK刻印タイプのアルミデカジップ。このジップを全部に使用するのは小の字のデカジップロンジャンと同じスタイルですね。




クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





肩から胸の切り替えしがかっこいいですね。この切り替えしが入るとスマートなシルエットに見えます。ロンジャンではお馴染みの左肩のポケットもデカジップで、かっこいいっすね。






クリックすると元のサイズで表示します






昔ながらのシボの多い柔らかい革質で、小の字ジャンに良くある革質とそっくりですね。この革質は現代のライダースには出なくて、古着好きな方はこのシボの革が好きですよね。
タイトな作りとシルエットも小の字ジャンにそっくりで、もしかしたら同じメーカーなのかもしれません。前立ての幅なんかもそっくりです。類似部分が沢山ありますね。

サイズ34インチで小さくて、最高なサイズです。




そして、お次はこちら










クリックすると元のサイズで表示します



小の字ジャンのスモールジップパターン。小の字ジャンのスモールジップやボールジップタイプに多い、薄手の革質で、軽めのライダースになります。スタッズ打ちには不向きです。







クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します





状態が良く、フリンジもついたままのオリジナルの状態です。大体カットされているフリンジですが、パンクスじゃない人が着ていたのか?カットは簡単にできますよ。



クリックすると元のサイズで表示します





小の字の人気は未だに凄いですが、スモールジップバージョンも隠れた人気で、渋好みの方が多いですね。




クリックすると元のサイズで表示します





雰囲気あってかっいいいっすね!サイズは36〜38インチ位で人気のサイズで、状態も良い方です。




お次はこちら!






クリックすると元のサイズで表示します






出ました!赤ジャン!!パッド無しの、これぞロンジャン!の王道スタイルですが!



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





なんと、両肩にポケットが付く大変珍しいダブルジップスタイルです!シブいですね〜〜。これ、滅多に見かけないレアタイプです。左右ついていて、デザイン的にもかなりツボです。







クリックすると元のサイズで表示します

普通の肩のポケット(大抵左腕です)右上から左下へとジップが付きますが、こちらは逆の左上から、右下へとついていますね。いいっすね〜





クリックすると元のサイズで表示します



サイズは34インチで小さいです。タイトな物をお探しの方にお勧めの、レア赤ロンジャンです!



最後もロンジャンですが、変化球!!



クリックすると元のサイズで表示します




これはかっこいいですね〜〜。サイドベルトが二本で基本はロンジャンなんですが、エポレットがついて、変則のジップデザイン。ロンジャンにドイツのヘイン・ゲリックタイプのドイツジャンを足したようなハイブリットなデザインです。




クリックすると元のサイズで表示します





メインジップはYKKデカジップですが、他はYKKの栓抜き型のデカジップです。たまにCAMPRIのライダースにも登場するこのタイプ。生産国は恐らく北欧系です。10年前位に一回これと同じようなのを入手した時デンマークとかだった気がします。北欧はこの手のデザインがたまにあります。ま、はっきりとした事は言えないんですが、デザインがかっこいい事は間違いないです。




クリックすると元のサイズで表示します




袖のジップはYKKの小さいジップです。デカジップとのバランスが最高に良いですね。ナイスデザインです!





クリックすると元のサイズで表示します



ま、一番かっこいいのは右胸だけについているDカンですね。


いや〜〜、良いデザインです。ただ、使用感と、インナーダメージが多いです。
サイズは36インチで文句なしです!






以上、今回は4着アップしました〜〜〜〜〜!!是非リンク先よりチェックして下さい〜〜〜!!






店頭にはアップしていないロンジャンもありますので、是非ご来店お待ちしております。






ロンジャンのUK EXTRA!!宜しくお願いいたします。









1
投稿者:TSUTOMU

自分の中の、再評価 何度目?





今年は本当に暖かいですね〜。服屋的にはさぶくなってくれないと、困るんすけどね。



前に何度か書いたウエストポーチの製作に入りました。とりあえず、オーダーしたファスナーが届くまでは、生地をカットして、ラバー塗っての地味な作業が続きます。今年最後のリリースになると思いますので、気合入れ作りますのでお楽しみに。




さて、数年に一度はやってくる、THE CLASHの再評価ですが、今回もかなり熱を帯びています。





クリックすると元のサイズで表示します




やっぱカッコええっす。毎日クラッシュの画像ばっかり見ています。やっぱりこのジョーとトッパーのはいてるジップパンツカッコええ。同じように見えるジョーとトッパーのジップパンツですが、細かい所が違うんですよね〜。トッパーのポケットフラップにはスナップボタンが付いていたり。


どっちもかっこいい。



クリックすると元のサイズで表示します



ま、これにかなり近づけたうちのカーゴパンツは、自分てもかなり愛用しています。



黒のSがSOLDですが、好評発売中ですので、宜しくお願いします。



http://uk-extra.com/uvcargopants.htm



うちのカーゴパンツはジップは付いていないですが、THE CLASHのはいてるパンツにかなり近いカーゴパンツです。








最近は、毎朝ジョーストラマ―の ミンストレル・ボーイのカバーを聴いています。朝これを聴いてると元気出ます。ジョーは殆ど歌はないですけどね。歌わないバージョンの方がかっこいいです。









いつかジップつきバージョンも出して見ようかな?



ニーズ無いかな・・・・



2
投稿者:TSUTOMU

TEDDY BOY DRAPE JACKET/イギリスで最初のティーン不良カルチャー





さて、今日のブログ長いですから宜しくお願いします。




タイトルで分かるように、今日のヴィンテージのアップはこちら。



クリックすると元のサイズで表示します






そうです、こんなスーツをビシキメして、チェーンをぶん回していたイギリスの不良、テディボーイズたちのユニフォーム、ドレープジャケットを紹介します。

モッズ、ロッカーズよりも前の50年代にイギリスで流行っていたエドワードスタイルを、ティーンの一部が変化させて誕生したのがオリジナルのテディ―ボーイ。イギリスで最初のティーンの不良カルチャーだと思います。(多分)そんな彼らの戦闘服ですが、今回の入荷は70年代の物ばかりです。70年代はテッズのリバイバル期で、いわば全盛期ですかね。地味だったドレープが華やかになる時代です。本国では、70’sのリバイバルはダメっていう頑固な50'sのオリジナル好きもいるようですけど、まぁそこは置いておいて・・・。長くなりそうなのでテッズの歴史がもっと知りたい方は、ネットで海外のサイトを調べるか、 GREASE UPマガジンのTEDDY BOY特集を読んでください。



さて、僕がUK EXTRAを初めてから、15年以上(通販時代入れて)経ちますが、今回の入荷は奇跡的な数の入荷です。多分、この先もこんなにまとまった入荷は絶対無いと思います。




奇跡です。





ロンジャンすら中々出て来なくなったUK古着の今ですが、ロンジャンを買い付ける事よりも10倍位難しい、それがイングランド製のヴィンテージテッズジャケットです。



本当に奇跡的な数です。




全て古い物で、むちやくちゃする不良達が着ていたものですから、汚れやダメージはあります。必ずリンク先で細かい箇所をご確認下さい。






では、まずはこちらから






クリックすると元のサイズで表示します



アイテムページは こちらのリンクから http://uk-extra.com/vintage.htm







いきなりボスキャラ登場です。KINGです。そして、横綱です。ブルーベースの玉虫カラーが最高にクールです!!





クリックすると元のサイズで表示します




そして、内ポケットの所、タグが見えます。






クリックすると元のサイズで表示します




はい!出ました!テッズドレープ界の、アリス!! you're king of kings!! な、BURTONのジャケットです。スーツの仕立て屋で、かなり老舗の有名どころですが、テディボーイ達にも人気がありました。テッズのご用達の中でもかなり上級のテーラーなので、高額だったと思います。勿論仕立てもよく、最高のジャケットです。



シンプルなテーラードスタイルの襟で、下衿は少しワイド気味。


袖先のベルベットはカフスタイプで、硬めの芯が入っていて、作りがしっかりしています。




クリックすると元のサイズで表示します





カラーがめちゃくちゃ、かっこいいですね。しかもサイズが34インチ相当!!これは激レアですね〜〜〜。





では、どんどん行きましょう。









クリックすると元のサイズで表示します




お次は、定番の黒x赤のカラー。70'sのドレープで最も人気があったのが、ブラックベースに赤いベルベット組み合わせです。なので、古着ではちょくちょく見るのがこのカラーリングです。テーラードタイプの襟で、ベルベット部分は全て赤色です。


クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します





ワイドな作りで、サイズは38インチ相当です。ボタンは1つボタン。




お次も黒X赤行きましょう



クリックすると元のサイズで表示します





こちらはサイズが34インチで、かなりスリムなジャケット。レアサイズ!!



胸ポケットが箱ポケットですが、箱ポケで左右についてるタイプです。




ポケットはベルベットのフラップ付きで、チェンジポケットの2段タイプ。左右共にチェンジポケットですね。ボタンが3つボタンで、スリムな印象度が上がりますね。







クリックすると元のサイズで表示します





袖先は折り返しのカフスタイプです。オリジナルのくるみボタンもしっかり残っていて、クールです〜〜〜〜





クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します



こちらはイギリスの老舗ジャケットメーカーのジョン・コリア―の物です。作りも良く、イギリスではコートやジャケットのヴィンテージが良く出て来ますね。



お次はこちら逆の赤X黒いってみましょうか







クリックすると元のサイズで表示します






70'sのド派手なドレープと言えば!!


の、赤い生地に黒のベルベット。そして、ショールカラーの1つボタン仕様。これぞ70'sの定番スタイルですね。




クリックすると元のサイズで表示します




ワイドな作りで、サイズは38インチ相当です。




クリックすると元のサイズで表示します




ポケットのフラップが大きめで迫力があります。




次も全く同じデザイン、カラーで、こちら







クリックすると元のサイズで表示します





サイズはこちらの方が小さくて36インチ相当、良いサイズです。




クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します






この赤黒の2着は、肩から胸にかけてしっかり芯が入ってて、胸周りの仕立てがかっこいいです。



クリックすると元のサイズで表示します




インナーについてるこのタグ。古いイギリスのジャケットにたまについていますが、防水みたいな表記です。今は防水機能なんて無くなっていますが、こう言うタグも古臭くて良いですね。




次も同じデザインの色違い




クリックすると元のサイズで表示します




げっきシブのパープル ドレープです。デザインは先程の赤いドレープと全く同じです。メーカーも同じかと思います。



クリックすると元のサイズで表示します





しっかりとしたウール素材で、肩から胸にかけて張りがあって、かっこいいです。



クリックすると元のサイズで表示します



サイズは36インチで、身幅はワイドな寸胴スタイルで、テッズらしいシルエットです。良いサイズですね。







クリックすると元のサイズで表示します






今回のアップした物の中では1番ダメージがあります。ページでご確認下さい。




では次はこちら。



クリックすると元のサイズで表示します





クールですね!!鮮やかなピンク!!しかも、こちらはテディ―ボーイではなく、テディガール ジャケット!合わせが逆のレディースタイプです。


とは言え、サイズ的にはメンズの34インチ位です。メンズサイズでは小さい部類ですね。



クリックすると元のサイズで表示します





衿はテーラードと、ショールの中間みたいな感じですね。襟の端がラウンドしてるクローバーリーフと呼ばれる襟の形に近いですね。小ぶりで良い感じです。








クリックすると元のサイズで表示します





ポケットにフラップは無く、かなりシンプルなデザインです。着丈も短めで、襟の大きさとか全体的にバランスが良いです。そしてこちらのジャケットのメーカーがこちら。





クリックすると元のサイズで表示します




じゃじゃ〜〜〜ん!70年代にヴィクトリアには沢山のテッズご用達のショップがあったのですが、その中でもかなり有名店なのがこの Ted's Conrerってショップです。70年代のテッズのショップで一番のミーハーな人気店と言えば??キングスロードにあったご存じ、LET IT ROCKですが、当時人気を分けたショップが、このTed's Conrerです。





クリックすると元のサイズで表示します



テッズのスクラップなんかにたまに登場するこのショップ画像、このお店です。嬉しいですね〜。初めて買い付けに成功出来て古着屋として少し鼻が高いですね。





クリックすると元のサイズで表示します



いや〜〜〜、良いカラーですね〜。この華やかさが70年代のドレープって感じですかね。




そして、お次はこちら




クリックすると元のサイズで表示します






どえらいシンプルで、しっぶいのが出ました!!



クリックすると元のサイズで表示します




衿はテーラードタイプで、小ぶりな印象です。




クリックすると元のサイズで表示します




ベルベットは上衿のみで、ポケットのフラップは小ぶりのスクエア型。そして、このシンプルさ、着丈といい、50年代のオリジナルのテッズ達のドレープにかなり近づけたデザインです。渋いですね〜。50年代の物だったらさらに最高なんですけど、70年代の物です。



そしてこちらも、



クリックすると元のサイズで表示します


Ted's Cornerのジャケットです!!2個目!!すごい!!褒めて!!

てか、このタグの電話番号に、電話してみたくなるやん!英語しゃべれんけど・・・







クリックすると元のサイズで表示します






シンプルでかっこいいですね。ネイビーで分かりにくいのですが、汚れもありますので、サイトでご確認下さい。





はい、まだまだ続きます。




クリックすると元のサイズで表示します





これまた人気のカラー 黒x赤のドレープ。しかもサイズが32インチでかなりの細身です!!これは激レアサイズです。全体的タイトな作りです。









クリックすると元のサイズで表示します





ベルベット部分は赤と言うよりはワインレッドで、深〜い、しぶ〜い組み合わせです。ポケットはチェンジポケットタイプで、左右共に2段付きます。





クリックすると元のサイズで表示します



生地はウールとポリエステルのMIX素材です。













クリックすると元のサイズで表示します





ええ色してます〜〜〜〜。ショールカラーは細めで、タイトめのジャケットとのバランスが良く個人的には好みの襟の大きさです。





クリックすると元のサイズで表示します





細身の方にお勧めのサイズです。






そして、最後はこちら。





クリックすると元のサイズで表示します






最後は一番ド迫力の、レアデザインのドレープ。かなり特徴的ですね〜〜。




まずは迫力のこの着丈ですかね。




クリックすると元のサイズで表示します




長いです。177pの僕が着用して、膝の上位まで着丈があります。この着丈なので、センターベンツになっています。



クリックすると元のサイズで表示します



そして、胸のポケットは半月型のウエスタンタイプのポケットが2段つきます。かなり変化球で、2個のポケットの間にベルベットのくるみのボタンが付いています。






クリックすると元のサイズで表示します




かなり特徴的な風貌ですね。カラーがグレーって所もポイントが高いです。









クリックすると元のサイズで表示します





やっぱりこの着丈迫力ありますね。肩幅のサイズは36インチ位です。身幅はゆったりとワイドなデザインです。




クリックすると元のサイズで表示します





袖先にもくるみボタンがついていて、このボタンの位置も変わっていますね。いちいち、変化球です。

クリックすると元のサイズで表示します



そして、フロントのボタンは拝みボタン!!はい!拝んでおきましょう!



ありがたや〜〜〜、ありがたや〜〜〜〜






と、言う訳で、以上が今回入荷したジャケット全てです。細かいダメージ個所などは載せきれないので、リンク先のアイテムページでご確認下さい。




何度も言いますが、イングランド製のヴィンテージドレープがこんなにまとまって、しかもサイズが良い物ばかりが入る事は今後二度と無いと思います。UK EXTRAの歴史でも最初で最後ですね。




それ位凄い数です。



お好きな方は、チェックして見て下さい。





あ、あと、僕はパンク・ハードコアあがりの古着屋です。古着屋目線の知識ですので、長年がっつりテディ―ボーイの音楽シーンにおられる方、お手柔らかにお願いします・・・・。笑





ま、長いブログになりましたが、50年代に始まったこのカルチャーが、モッズ、ロッカーズ、スキンズ、パンク〜と形を変えてイギリスのサブカルチャーが流れていったと思うと、テディボーイはその原点に近いのかもしれませんね。そして、70年代にパンクが誕生する直前に、マルコムとヴィヴィアンがLET IT ROCKでリバイバルを盛り上げ、のちにSEXへとお店が変わりUKのパンクが誕生するUKカルチャー、面白いですね。





当時のテッズは暴力的で野蛮な事も多いようですが・・・・・。



クールなシーンですね。















クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します







おしまい。
1
投稿者:TSUTOMU
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/366 
 
AutoPage最新お知らせ