2010年6月から9度目のタイに来ています。 ブログには2009年からの日記とさせて頂いていますので、途中から読まれた方はいったいなんのこと? と思われる書き込みもあるかと思いますがお許し下さい。

 ☆過去の日記を探しやすいように目次を作りました。
  ここををクリックすると先月以前の目次を表示します。
  題名をクリックするとその記事へ、また年月をクリックするとその月の記事がまとめて読むことが出来ますのでご利用下さい。
  なお、左サイドメニューの検索欄に探したいキーワードを入れ、このブログを検索にチェックを入れて
  [ブログを検索]ボタンをクリックすると、そのキーワードを含んだ記事が検索できます。
 ☆ちょっとした小部屋を作りました。
  関連リンクの説明や資料を載せました。少しお買い物もできるようにしましたのでよろしければご覧になって下さい。
  ※この小部屋に載せて欲しいご要望がありましたら、コメントか左サイドバーにある「質問・ご要望」欄でご連絡下さい。

タイ(海外)旅行の小部屋 ぞうさんの小部屋 ドラゴンボールの小部屋 国際電話の小部屋
画像 ・航空券・ツアー
・旅行保険・旅行用品
画像 ・ぞうさんと遊ぶ
・ぞうさんの風景
・ぞう土産
画像 ・動画・着メロ
・音楽・グッズ
画像 ・Skype
・国際電話のかけ方
・国際電話を安くかけるには
・国際郵便
外国語の小部屋 懸賞・ポイントの小部屋 その他の小部屋
画像 ・無料オンライン英会話
・タイ文字
画像 ・マクロミル
・激ポイント
・ニャンコフォトコンテスト
画像 ・名刺作成

      ★★現在書かれているバーツは×3.4で円に換算して下さい。(100バーツなら340円)★★

2009/3/8

ドラえもんは日本のアニメ文化大使  その他

今朝3月8日の中日新聞8面のこどもタイムズに、「ぼくドラえもん アニメ文化大使なんだ」
という記事が掲載されていました。
http://www.chunichi.co.jp/article/kodomo/closeup/2009/CK2009030802100005.html
こちらにも、同内容が掲載されています。

私は今まで知りませんでした。
2008年3月19日に、ドラえもんさんは就任されていたようです。
ドラえもんは世界中で大人気ですね。

(外務省より) http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/anime/
(プレスリリース) http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/3/rls_0319e.html

●概要
 「アニメ文化大使」(Anime Ambassador)は、ポップカルチャーを通じた文化外交の一環として、在外公館等が主催する文化事業。日本のアニメ作品を上映し、諸外国における日本アニメに対する理解を深めるとともに、併せて様々な日本文化を紹介し、日本そのものへの関心に繋げることを目的としている。

 「ドラえもん」作品の中には、現代日本の生活や習慣が描かれており、「アニメ文化大使」にふさわしいとの「アニメ文化大使諮問委員会」の意見に基づき、日本動画協会および画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)の協力を得て、「アニメ文化大使」として選定した。

ドラえもん氏は、「ボクの作品を通して、普通の日本人がどんなこと考え、どんな暮らしをして、そしてどんな未来を創っていこうと考えているかを、海外の皆さんに伝えていけたら!と思います。」 と述べたそうです。


●ドラえもん大使はタイにも訪問しています。

(在タイ日本国大使館) http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/jis/2008/0830.htm
(外務省在タイ大使館) http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/news/thailand.html


海外に行くと、本屋には現地語で書かれた日本のマンガがたくさん並んでいるのに驚きます。
露天などではTシャツとか、グッズも(時には変な顔とか文字のあやしいものもありますが)よく見かけます。
今更ながら、日本のマンガ・アニメは世界で読まれていることを再認識させられますね。

日本語を学ぶ若い人も年々増えているようで、2006年の外務省の統計では約300万人。
その内、6割以上が小中学生や高校生だそうです。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ