2010年6月から9度目のタイに来ています。 ブログには2009年からの日記とさせて頂いていますので、途中から読まれた方はいったいなんのこと? と思われる書き込みもあるかと思いますがお許し下さい。

 ☆過去の日記を探しやすいように目次を作りました。
  ここををクリックすると先月以前の目次を表示します。
  題名をクリックするとその記事へ、また年月をクリックするとその月の記事がまとめて読むことが出来ますのでご利用下さい。
  なお、左サイドメニューの検索欄に探したいキーワードを入れ、このブログを検索にチェックを入れて
  [ブログを検索]ボタンをクリックすると、そのキーワードを含んだ記事が検索できます。
 ☆ちょっとした小部屋を作りました。
  関連リンクの説明や資料を載せました。少しお買い物もできるようにしましたのでよろしければご覧になって下さい。
  ※この小部屋に載せて欲しいご要望がありましたら、コメントか左サイドバーにある「質問・ご要望」欄でご連絡下さい。

タイ(海外)旅行の小部屋 ぞうさんの小部屋 ドラゴンボールの小部屋 国際電話の小部屋
画像 ・航空券・ツアー
・旅行保険・旅行用品
画像 ・ぞうさんと遊ぶ
・ぞうさんの風景
・ぞう土産
画像 ・動画・着メロ
・音楽・グッズ
画像 ・Skype
・国際電話のかけ方
・国際電話を安くかけるには
・国際郵便
外国語の小部屋 懸賞・ポイントの小部屋 その他の小部屋
画像 ・無料オンライン英会話
・タイ文字
画像 ・マクロミル
・激ポイント
・ニャンコフォトコンテスト
画像 ・名刺作成

      ★★現在書かれているバーツは×3.4で円に換算して下さい。(100バーツなら340円)★★

2009/9/9

自転車の後ろは荷台?  タイ旅行

そもそもタイの道路でさほど自転車はみかけません。

暑いし、あの車やバイクが縦横無尽の道路ではちょっと危険。

でも、スーパーに行くと自転車売り場があったりするのでそれなりに需要はあるようです。
先日の、クィーンシリキット公園内の道もそうですが、タイ人は結構自転車乗るのは好きみたいです。

コンド内も駐輪上に自転車がたくさん駐車されています。
自分の棟からコンドの出口までの敷地内のみで使っているようです。
なんせ一番遠い棟からは1kmはあるでしょうし。

限られた場所ではたくさん乗られているようです。



それではたと、気がついたのは自転車の荷台の部分です。

荷台のところに、人が乗れるようシートが付けられた自転車がたくさんみられるのです。
それも標準装備のように、車体とデザイン、色が統一されているものもあります。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そうなんです、タイでは自転車の二人乗りは違反ではありません。
後ろに座る人が快適なように、シートが付けられるんですね。
さわってみましたが、けっこうしっかりしたものです。

日本ではもちろん、そんなのはありえませんね。

トラックの荷台に人を乗せて運ぶお国柄ですので、自転車の二人乗りなんてどうでもいいことなんでしょう。
タグ: タイ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ