2010年6月から9度目のタイに来ています。 ブログには2009年からの日記とさせて頂いていますので、途中から読まれた方はいったいなんのこと? と思われる書き込みもあるかと思いますがお許し下さい。

 ☆過去の日記を探しやすいように目次を作りました。
  ここををクリックすると先月以前の目次を表示します。
  題名をクリックするとその記事へ、また年月をクリックするとその月の記事がまとめて読むことが出来ますのでご利用下さい。
  なお、左サイドメニューの検索欄に探したいキーワードを入れ、このブログを検索にチェックを入れて
  [ブログを検索]ボタンをクリックすると、そのキーワードを含んだ記事が検索できます。
 ☆ちょっとした小部屋を作りました。
  関連リンクの説明や資料を載せました。少しお買い物もできるようにしましたのでよろしければご覧になって下さい。
  ※この小部屋に載せて欲しいご要望がありましたら、コメントか左サイドバーにある「質問・ご要望」欄でご連絡下さい。

タイ(海外)旅行の小部屋 ぞうさんの小部屋 ドラゴンボールの小部屋 国際電話の小部屋
画像 ・航空券・ツアー
・旅行保険・旅行用品
画像 ・ぞうさんと遊ぶ
・ぞうさんの風景
・ぞう土産
画像 ・動画・着メロ
・音楽・グッズ
画像 ・Skype
・国際電話のかけ方
・国際電話を安くかけるには
・国際郵便
外国語の小部屋 懸賞・ポイントの小部屋 その他の小部屋
画像 ・無料オンライン英会話
・タイ文字
画像 ・マクロミル
・激ポイント
・ニャンコフォトコンテスト
画像 ・名刺作成

      ★★現在書かれているバーツは×3.4で円に換算して下さい。(100バーツなら340円)★★

2009/8/29

日本からは国際電話無料です!  国際電話の小部屋

ある方から教えていただきました。

日本から、
アメリカ本土、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、スエーデン、中国(香港含む)、台湾、韓国、シンガポール、タイ
にかける国際電話料金が無料の方法を紹介します。

今まで、無料電話と言うとスカイプみたいにお互いにPC&インターネットがないとダメでしたが、この方法は普通の電話や携帯電話、公衆電話から国際電話料無料の電話がかけられます。

着信側も普通に電話機で受けられますので(携帯着信は不可の地域もあり)、パソコンのそばにいないとダメだとか、ネットにつなげていないのでできないとかそんな不便なことはありません。

電話のかけ方です。

1. 日本国内に8箇所のアクセスポイントがあり、まずその電話番号にダイアルします。
(名古屋なら052-456-0120)
2. あとは通常の国際電話と同様に、国番号、相手の電話番号(最初の0は省く)、# を入力します。
3. 相手が出るまで、企業CMが流れます。(これが無料の理由です)
4. 相手が出れば、30分まで通話ができます。
  30分後に、自動的に通話が切れますのでもっと通話がしたい時は、再度1からやり直します。

★注意
 :使用電話がダイヤル回線の場合そのままでは繋がりません。
  1.の後に電話機をトーンモード(トーンボタンがあるはず)にして2.以降を行って下さい。
 :国内アクセスポイントまでの通話料は通常の国内通話と同じ料金がかかります。
 :国際電話は日本発信のみです。
 :アメリカ、カナダ、中国、シンガポール、タイ は相手の電話機が携帯電話でもつながりますが、それ以外の国は固定電話へのみです。

上記以外の国にもかけられるようになる予定だそうですので、時々下記 URL をご確認下さい。

詳しい使い方、他地域のアクセスポイントは下記 URLを参照して下さい。

メディアコールズ
http://www.mediacalls.jp/index.html


国内通話と同様に料金を気にせず国際電話がかけられますのでみなさんに教えてあげましょう。
特に固定電話から発信すればとっても安くかけられますね。


携帯電話とか、固定電話でも電話番号を登録できる電話なら、アクセスポイントと海外の電話番号を連続して登録しておけば、いちいち番号を押す手間が省けますね。



2009/8/31  21:26

投稿者:私(ミズキ)

Chutikarn さん、

どうぞどうぞ、私も教えてもらったので。

ただ、まだ一度も使って電話がかかってこないので実績はありません。

2009/8/31  11:27

投稿者:Chutikarn

すごくいいこと教えてもらった〜!

自分のブログでも紹介していいですか?

http://plaza.rakuten.co.jp/chutikarn/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ