2010年6月から9度目のタイに来ています。 ブログには2009年からの日記とさせて頂いていますので、途中から読まれた方はいったいなんのこと? と思われる書き込みもあるかと思いますがお許し下さい。

 ☆過去の日記を探しやすいように目次を作りました。
  ここををクリックすると先月以前の目次を表示します。
  題名をクリックするとその記事へ、また年月をクリックするとその月の記事がまとめて読むことが出来ますのでご利用下さい。
  なお、左サイドメニューの検索欄に探したいキーワードを入れ、このブログを検索にチェックを入れて
  [ブログを検索]ボタンをクリックすると、そのキーワードを含んだ記事が検索できます。
 ☆ちょっとした小部屋を作りました。
  関連リンクの説明や資料を載せました。少しお買い物もできるようにしましたのでよろしければご覧になって下さい。
  ※この小部屋に載せて欲しいご要望がありましたら、コメントか左サイドバーにある「質問・ご要望」欄でご連絡下さい。

タイ(海外)旅行の小部屋 ぞうさんの小部屋 ドラゴンボールの小部屋 国際電話の小部屋
画像 ・航空券・ツアー
・旅行保険・旅行用品
画像 ・ぞうさんと遊ぶ
・ぞうさんの風景
・ぞう土産
画像 ・動画・着メロ
・音楽・グッズ
画像 ・Skype
・国際電話のかけ方
・国際電話を安くかけるには
・国際郵便
外国語の小部屋 懸賞・ポイントの小部屋 その他の小部屋
画像 ・無料オンライン英会話
・タイ文字
画像 ・マクロミル
・激ポイント
・ニャンコフォトコンテスト
画像 ・名刺作成

      ★★現在書かれているバーツは×3.4で円に換算して下さい。(100バーツなら340円)★★

2009/8/24

HOME BUYER'S EXPO 2009  タイ旅行

8月22日(土)に、バンコクの「クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンションセンター」で行われる不動産関係のイベントへ行ってきました。

http://homeexpo.home.co.th/en/AboutTheShow.aspx

クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンションセンターのHP
http://www.qsncc.co.th/default.asp

このコンベンションセンターは、地下鉄の「シリキット・コンベンションセンター駅」前のとても便利なところにあります。

私のコンドからもバスで1本で行くことが可能です。

近くには、タイ証券取引所があります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

展示会場の門をくぐり、会場内に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します

会場に入る前に、コンピューターに自分の名前、住所、電話番号を登録すると案内の資料等をもらえ、中に入ることができます。
クリックすると元のサイズで表示します

会場内は撮影禁止のため残念ながら写真はありません。

会場は1階と2階に分けられ、2階は主にタウンハウス、1階は主にコンドミニアムとなっています。
他にローンを組むための銀行の出張所や家電、家具のブースもありました。

私は、当然ながらコンドミニアムのある1階を中心にみることになります。
外国人は基本的にコンドミニアムしか購入できませんので。

ただ、今回は購入の目的で来た訳ではなく、タイの展示会はどんなんかな?
そもそも海外で展示会というものは見たことないので興味がありました。
それと、タイ語の練習のためでもあります。

ブースのセールスの人は、売りたいがため一生懸命説明してくれます。
私がタイ語がよく理解できないということを言うと、ゆっくり、わかりやすく(それでもわからないところはわからないけど)話してくれます。

「どのエリアに興味がありますか?」 と聞いてきたり。
「何階の部屋が興味ありますか?」

私からは、
「このコンドはどこのエリアにありますか?」
「BTSの駅からどの位の距離にありますか?」
なんて基本的なタイ語の会話から始まり、

「上の階ほど値段は高くなりますか?」
「部屋のレイアウトは、広さは、部屋の数は?」

「ベッドルームはここにあって、ベッドがついてきます。トイレはここで、、、」 ああ、ついこの間習った単語だ。 とか。


タイ語の良い勉強になりました。


すぐ横の小さなステージでは、ミニイベントをやっていました。
ちょっとしたライブステージや、クイズに答えて商品がもらえたり。
残念ながら、質問が理解できずなんのことやらさっぱりでしたが。
クリックすると元のサイズで表示します


全体の印象は、私が期待していたほど出店数が多くありませんでした。
ざっと、コンドミニアムのブースが50社、タウンハウスが20社。
意外と会場も広くありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

但し、隣の会場では一軒家などの大きなブースもありました。

去年はこの展示会に来ていないのでわかりませんが、もしかしたら今年は規模が縮小されていたのかもしれません。

私の知っているコンドミニアムの会社が今回は出店を見合わせると話してくれました。
去年からの不況でコンドミニアムを購入する人が減り、企業も展示会の出店費用も削りたいということらしいです。

展示会で日本とタイとの違いは、日本ではパンフレットを入れる封筒やさらにその封筒を入れる紙袋やビニール袋をくれますので、会場内や外を歩いている人は袋をたくさんぶら下げて歩いていますね。 宣伝効果もあるでしょう。 一方で過剰包装ともいえますね。 家で袋がごみとなっていることでしょう。

一方、タイではパンフレットのみで、それを入れる封筒すらありません。 たくさんブースを回ってパンフレットをもらっているとバラバラくちゃくちゃになり、あとでどれがどの会社の資料なのかわからなくなります。

私は日本感覚で、手ぶらに近い小さなカバンだけでの格好で行ったため、もらったパンフレットを小脇に抱えてバラバラにならないように気をつけて持ち帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

持ち帰ったパンフレットやボールペン類とスタンプラリーをして抽選でもらったおみやげの水入れ。
マスクもくれました。タイ文字が書いてある?

パンフレットは後でじっくり見てみよう。
興味ある物件があったら、ショールームやオフィイスに遊びに行こうか。(タイ語の勉強のため)

次のおもしろそうなイベントは、8月27−30日
Thailand Baby & Kids Best Buy 2009
http://www.qsncc.co.th/events/attraction_event_details.asp
http://www.thailandbabybestbuy.com/ad_japan.php
http://www.thailandbabybestbuy.com/index.php

別に私に子供がいるわけではないが、なんか面白そう。
暇だったら行ってみよう。 タイ語の勉強だ。

8月29,30日に、
Japan Education Fair 2009
http://www.qsncc.co.th/events/attraction_event_details.asp
http://www.jeducation.com/passport/j-home.html
も一緒にあるので覗いてみよう。

10月1−4日にもまた、似たようなイベントが
21th Housing & Condo Festival
http://www.qsncc.co.th/events/attraction_event_details.asp
タグ: タイ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ