kuriharaです。ヨロシク。

2009/10/12

なんとなくの話・・・。  

いや、でも、なんで日本人は、私を、
私以外のものに、させようとするのでしょう?(笑)。
しかも、いいものではなくて、くだらないものに、
させようとするわけですよ(笑)。
もしかしたら、私の、成功するかもしれない、
というのが気に入らなくて、私を、くだらないものに、
させようとしているのでしょうかね?。日本人の大衆は、
成功するかもしれない者、や、成功した者を、
くだらないものにしないといられない、という、
大衆心理がありますからね。いや、でも、私は、
前々から、成功する確率60%、成功しない確率40%、
ぐらいだと思っているわけで、成功しない確率が、
40%もあるんだから、べつに血まなこになって、
私を、くだらないものにしようとしなくたって、
いいんですよ(笑)、と言いたいですよ(笑)。
40%といえば、大きな数字ですよ。でもまあ、
成功する確率60%と、ちょっと多めにしたのは、
まあ、状況証拠からなんですけれどもね。
状況証拠から、フィフティーフィフティー、
よりは、ちょっと多めの60%としている、
わけですけれどもね。でもその10%多めというのも、
日本人の大衆の、気に入らない、目障りに感じるところ、
なのかもしれませんね。まったく大衆と同じ、
フィフティーフィフティーでないと、
もう、すぐ、日本人の大衆の目にとまり、
やりだまにあげられる、血祭りにあげられる、
のかもしれませんね。
(まあでも、大衆の、成功する・しない、の確率が、
フィフティーフィフティーかどうかはわかりませんが。
それに、大衆は、成功する・しない、という発想が、
というか、考え方が、違うのかもしれませんが・・・)
いや、でも、精神科医でさえ、
(しかも最初の主治医、Y.F.医師でさえ)私に対して、
「この人は将来はわからない」というような方針に、
方向転換したわけで、フィフティーフィフティーより、
10%多い、成功する確率60%というふうにしても、
べつに文句はないでしょう。だからほっといてくれ、
と言いたいわけですよ・・・(笑)。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ