kuriharaです。ヨロシク。

2009/6/11

なんとなくの話・・・。  

この声が、「おしりかじり虫」なのかどうかはわかりませんが、
この「正規の、というか既成・既製のメディア(テレビ、ラジオetc)、
を使わない、声の放送」という技術を開発したことは、
それはそれでいいと思うんですよ。今までに無かったものだし、
たいしたものですよ。でもそれを、イヤだという人に、
無理やり、強引に、強制的に、聴かせ続けるというのは、
違うと思うんですよ。そういう技術を開発したのはいいんですが、
そういうのは、「かじられたい」という人を、募集でもして、
応募してきた、会員登録でもした人に、聴かせればいいと、
思うんですよ。いや、中には、というか、世の中には、
「かじられたい」という人だっているでしょう。そういう
「かじられたい」という人を、募集でもして、応募してきた、
会員登録でもした人に、聴かせればいいんじゃないですかねえ。
ていうか、私のような、イヤだと思っている、べつに、
たのんだわけでもないし、申し込んだわけでもない人間が、
この声(騒音)を、無理やり、強引に、強制的に、
聴かせられ続けているというのが、
まったく理解に苦しむところなんですよね。
ほんとう、まったく理解に苦しむわけです。
いや、これが「おしりかじり虫」なのかどうかは、
わかりませんが、一昨年のNHKの『紅白歌合戦』によれば、
「「おしりかじり虫」にかじられることは、とっても、
よいことです」ということらしいのですが、わたしは、
この声(騒音)は、イヤだ、ノーサンキュー、結構です、
と思っているわけで、イヤだと思っている人に、
無理やり、強引に、強制的に聴かせ続ける、というのは、
違うと思うんですよね。こういうのは、「かじられたい」、
という人を、募集でもして、応募してきた、
会員登録でもした人に、聴かせればいいわけですよ・・・(笑)。
私は、この声(騒音)は、ノーサンキュー、イヤだと、
思っているわけで、イヤだという人に、騒音を、
無理やり、強引に、強制的に聴かせ続ける、というような、
まるで、収容所の「なんとか責め」みたいな拷問のようなことは、
なにかの法律違反じゃあないでしょうかね・・・。
とにかく私は、この声は、ノーサンキュー、イヤだと思っている、
ということは、書いておいてもいいと思います・・・。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ