2010/7/11

仕上げ  

 土曜の午前中、Hさんのお誘いで鳥越峠へ行って来た。今週末のトライアスロンの仕上げにちょうどいい練習になりました。

 ウエサカを出発早々Sさんタイヤサイドカット。パンクする前に気が付いたのはすごい。タイヤパッチ当てて再スタートし集合場所へ。補給食にジャムサンドを購入し出発。参加者は9人だったっけ?
 藤橋手前まではB君列車でアップ気味に走る。Aさんと久々に一緒に走ったがペダリングがきれいになってたので驚いた。かなり回せてる感じ。アンパイさんは後ろから見てるとミニカンチェラーラ。ウエサカ太もも選手権では上位入賞者(笑)

 B君と別れた後、Hさんパンク。修理中遅れたYさん集団復帰。Yさん痩せないとダメですよ。Hさんはパンクキングなので修理は手馴れたものだが、この場で二度もリム噛みしてた(笑)ブロガーたつ氏のネタに完全になってた。
 藤橋道の駅でコルナゴSさん合流。待ちくたびれてタバコ吸ってた(笑)これで全員集合。
 横山ダム通過後、坂内までは走りやすいのでアンパイさんと、Aさんがペースアップ。この付近は走りやすいんで好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
携帯で撮ったので荒い…。Aさんと「鳥越峠」の立て札。
ここから10kmのヒルクライム。久々のヒルクライム練習になった。序盤アンパイさんがペースを作る。アンパイさんスプリンターながらも登りは強い。アンパイさん、僕、Aさん、Sさんのパックでクライム。
なんやかんや言っても自転車乗りの性で、山頂ゴール対決になってる訳でみんな牽制。序盤から3〜4kmほどアンパイさん先頭。若干ペースが落ちたところでAさんと一緒に前に出る。
 淡々とペースを維持して登る。ちなみに本日参加者全員鳥越峠初登頂。そのままAさんはペース落ちずに登る。ちなみにAさん丸岡エントリー済み。
 離れないように走って8kmくらいのとこでようやくキャッチ。Aさんはスゲ〜登り強くなってた。二人で山頂ゴール。

クリックすると元のサイズで表示します
Sさんのコルナゴと石碑。

クリックすると元のサイズで表示します
今度のトライアスロンはこれで出ます。

 先着トップ3のAさん、僕、アンパイさんはインナー39tのスタンダードクランク。リアは28t、27t、25t。やっぱ登りは軽いギアがいい感じ。
 全員上りきったあとは長いDH。Hさんは途中の湧き水をたらふく飲んでた。まさに王滝の天然エイドステーションみたい。

 下りは気をつけて走ってたのですが、グレーチングでガツンとやっちまいました。帰宅後確認したら前リムが凹んでた。心も凹む。ガーン。ちなみに今日は前輪RACING1、後輪R-SYS。なんちゃってキシリウムSR風で試してみた。

 そこそこ走ってからのヒルクライム練習で、仕上げには良い練習になった。お誘いいただいたHさん感謝します。鳥越峠、斜度的にも登り練にエエです。またいつか行こうとおもいました。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ