2010/7/7

2011 PINARELLO  先行予約

PINARELLO 2011モデルの展示会に行ってきました。

アメリカ、イタリアではドグマなどのハイエンドモデルの人気が凄まじいようです。スペインでは3台のうち1台がハイエンドバイクというブルジョアジーな説明を受けました。マジかよ?ってうたがっちゃいましたけど。日本はFP1、FP2、FP3が各国よりも販売台数が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します
 多分、日本で200万台は売れると思うTTバイク「GRAAL」お手を触れないでくださいという感じの展示でした。さすが70万オーバーのTTバイク。ハンドルバーは別売りで198,000円。FP1より高いハンドルって…。近年のTTマシンのトレンドを盛り込んだバイクですね。


現実味のあるマシンの紹介
クリックすると元のサイズで表示します
PARIS 50-1.5。PRINCEがドロップとなりNEWモデルで復活。PRINCE+DOGMA=PARISって感じです。PRINCEのトレカ50t、ドグマの左右非対称設計。このバイク、間違いなく走ると思います。3色展開、368,000円


クリックすると元のサイズで表示します
KOBH 60.1 コブと読みます。だいぶ露出してるので知ってる方もいらっしゃると思います。パヴェ(石畳)のことをコブストーンと言うそうで、そこから名前を取ってるそうです。ONDAシートステーではないですが、ドグマと同等の走行性能を持ち、且つ快適度を増したモデルとなっております。と、ピナレロのセールスマネージャーのルチアーノ氏が言ってました。
クリックすると元のサイズで表示します
TeamSKYと共同開発したバイクで何種類かの型を作り、最も良かった物をリリースしたとのこと。パリ〜ルーベなどの過酷な北のクラッシックを耐え抜くバイクに仕上がっている。プレゼンテーション聞いてたらスゲ〜欲しくなっちゃいました。
DOGMAは変更無しなのですが、価格変更で値下がりしてました。


クリックすると元のサイズで表示します
ミドルグレードの完成車「QUATTRO」クアトロ大尉の登場です。Zガンダムが好きな人は買ってください。
ドグマで培った左右非対称設計を用いたモデルで、ミドルグレードながら活躍出来るバイクの登場です。2010 FP3の完成車のスペックをそのままクアトロが継承。FP3はフレーム売りになりました。105、アルテグラ、アテナで販売されます。298,000〜388,000円
クリックすると元のサイズで表示します
FP3 EASYFIT。女性や小柄な方向けのFP3です。FP3はフレーム販売のみで。これを含め4色展開。228,000円


クリックすると元のサイズで表示します
FP1は4色展開。フレームの変更は無しですが、ティアグラフルコンポになりました。2011はクランク、ブレーキともにシマノ製。基本的に全完成車のクランク、ブレーキはシマノ製がつくことになりました。FP2は変更無しで105フルコンポで発売。

OPERAは3車種展開。スーパーレオナルドが素材変更。
クリックすると元のサイズで表示します
トレカ50tでPARISと同等。エアロっぽいのが好きな人はこっちもありかと。


カタログ未掲載品は受注発注で注文できます。
毎年恒例ですが、PINARELLOの早期予約承ります。
通常よりもかなりお買い得にご予約いただけます。
2011の早期受注は7月20日まで!この機会に是非ご検討ください。
詳しくはお問い合わせください。
1
タグ: ピナレロ 2011 予約



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ