2010/6/10

BOMA  試乗

 不定期、貧脚店長インプレッション。
 今回はBOMAのバイクを試乗。ちゃんと走ってきました。(走りがいのある○田温泉界隈で走ってきましたので街乗りインプレッションじゃないです)

クリックすると元のサイズで表示します
 まずはBOMA生誕5周年モデルとなるRAPID R。
 こちらはサスガの新戦力なだけにレベル高し。カーボンチューブラーホイールが印象度を上げていることもありますが、それを差し引きしてもかなり走るバイクでした。現在のトレンドを取り込んだエアロ形状なバイクですが、登りでの不快感は気になりません。ヘッド周りの剛性も高くダンシングもしやすい感じ。20万チョイのフレームでこの性能は群を抜いてると思います。T800ではなくT700で作ったところも味噌なんではなかろうか。S〜XLまでカバーしてるのでサイズも選びやすい。ロードレースは落車で破損する場合も多いのですが、ピュアにレースを楽しんでおられる方はマジレース用にはこのぐらいの価格はありがたい。欧州トップブランドの3〜40万のフレーム以上の性能はあると思います。


クリックすると元のサイズで表示します
 ELAN-TT
 このバイクの試乗の前にCERVELO P2Cで練習してきた後だったので、「いとやさし」と思っちゃいました。
 とりあえずなんちゅう登りやすいんや。と第一印象。通常この手のマシンは登りがキツイ感じになりがちなのですが、登り対応バッチリです。さすがロードバイクベース。起伏が多いコースには確実にオススメできると思います。どちらかというとTTというよりもトライアスロンに向いてると思いました。脚残せそな感じです。見た目はそこそこスパルタンですが、乗り味がスパルタンじゃないので使いやすいかったです。現物のダウンチューブはこぶし大で結構迫力ありますがさほどカチカチに感じません。ドロップハンドル付けてロードにしちゃっても面白いかも。


クリックすると元のサイズで表示します
 CT-XC L'epice
 シクロのカーボンは乗るのが初めてなので、インプレにならないので…。あえて悪路を走りましたが、ボワンボワンで快適です。今年の冬にワタクシ、シクロレースデビューしますのでそれからにします。

 
クリックすると元のサイズで表示します
 CT-R1 アルマー
 自分の中ではスプリントがしやすいバイクに感じました。ウィップもほどほどにあるからかな?これもホイールの影響を結構受けてると思いますので…。軽快感は非常に感じられますので20万以下のバイクとしては激しくレベルの高いバイクだと思います。営業のSさんが「試乗車にしろ」とうるさいので、店に展示中のアルマーをBOMAパーツ組み付けて組むことにしました。ちなみに営業のSさん曰くこれが一押しのようです。

 基本、BOMAのバイクはここには載せていませんが、CT-21C エヴォリューションV以外はレーシング設定だと思いますので、とにかくまともなマシンで且つ、コスパのイイ物をお探しの方にオススメなバイクがてんこ盛りです。ブランド自体は地味ですが、走るバイクばかりです。
6
タグ: BOMA RAPID CT




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ