2007/9/21

ネタ  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 来年発売予定のDURA-ACE CARBONクランクセット。いまだ価格未定。ほぼ完成品のこのクランクはシマノがマジで作ってるDURAACEグレードなだけに相当な完成度である。カーボンだから柔らかいなんてけして思ってはいけない。シマノ使用者談によると貧脚お断りのすさまじい剛性らしい。175mm以上のクランク長で若干しなる「かな?」という程度でデータ的に人間が踏んでわかるほどしなることはありえないそうです。取り付けは現行XTRと同じ取り付けでガタをなくすことが出来る。カットサンプルはなかったがスサマジく肉薄のペラペラ中空クランクで激軽らしいです。

 Teru:15万くらいになるってどこか聞いたけど?
 SHIMANO某社員:そんなに高くなりませんよ
 Teru:そりゃそうだよね。
 
 カンパ・レコードより安くないと売れんと思うのは僕だけではないと思う。

 クランク周りで以前から気になっていることを質問。
Q:シマノのBBって回転重くね?
A:データ的にオクタリンク時代のBBと同じ回転抵抗。スクエアテーパーのBBは抵抗は低いがハンガー周りのストレスを考えるとホローテックUが抵抗がかかってる状態での回転が良い。
 フェイスカットを施してないフレームではカップの緩みでBBの回転が重くなる場合がある。(当店はちゃ〜んと施してますので皆さんご安心を。)

Q:セラミックベアリングのBBとか出さないの?
A:シマノは製品を大量に売るメーカーなので、販売できる価格として売れるものを作る。

Q:なんで105よりティアグラのBBが高いの?
A:作ってる工場が異なってて、ティアグラの方が高くなってしまった。

他にも質問したけど書くの面倒なので店でのトークのネタにします。

おまけ画像

クリックすると元のサイズで表示します
FDJのサンディ・カサールの実車

クリックすると元のサイズで表示します
ラボバンクのオスカル・フレイレの実車

クリックすると元のサイズで表示します
T-MOBILEの07ツールでは一時マイヨジョーヌを着たリーナス・ゲルデマンの実車

各選手のマシンともスポンサー外のものは外されていました。 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ