2006/9/17

2006 セルフディスカバリー王滝  レース&イベント

 今年も”セルフディスカバリー王滝”へ行ってきました。

 今回は毎回出てる100kmのエントリーが外れてエントリーできなかったので、今年は出る予定ではなかったのですけど、1週間前に42kmをドタキャンの方がいらしたので急遽42kmの部に出場しました。
 土曜の晩から出発し11:30に到着し車中泊。毎年恒例な感じです。雨が心配されましたが現地に着いた頃は降っておらず助かりました。

クリックすると元のサイズで表示します
初出場のN君は朝からテンションあがってます。

 朝4:00受付を済まし準備開始。ゼッケンつけて着替えてメシ食ってダラダラ喋って、先にスタートする100kmのMさんを激励しにいきました。前日入りした100km組のSさん、Wさん、Iさんには結局会えず激励できませんでした。自分たちも42kmのスタート地点へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
 今年新調したGIANT TRANCEで100kmに初挑戦。100kmのスタート地点には早朝からバイクがずらり。120kmも含めると実に1000台近いバイクが並ぶ。

 毎回100kmにエントリーしていたため42kmのレースには出たことが無くて、代理出走でもやっぱ初レースは嬉しくてどんなコースかワクワクしてました。42kmのスタート地点に行くまでに10km近くチャリで行かされたのにはビックリしました。
 
クリックすると元のサイズで表示します
今回の出走バイク。Commencal:META4 ホイール:A-CLASS CERVINO EXPERT フォーク:ROCKSHOX 05REBA-TEAM ペダル:TIME ATAC-XS コンポ:XTR&XT タイヤ:ミブロマラソンチューブレス2.1

 スタート地点まで行くとすでにバイクがずらりと並べられてて自分が着いた頃にはだいたい100〜150番手くらいでした。100kmと違い距離も短いため持ち物も少なくてすんだのでバイクに取り付けたツール類意外はジャージの背面ポケットに入れたウインドブレーカーとゼリーx2くらいでした。
 
 そして7:00スタート。スタートから17kmまではほぼ登りなので徐々に抜いていこうと思い、ほぼイーブンペースで登坂。緩やかな登りなので案の定ペースが上げれないライダーは落ちていきます。42kmということで距離も短いため今回はこの17kmの登りでかなり位置づけが決まるんじゃないかと思っていたので、前に見えるペースの上がらないライダーはとりあえず抜いていきました。
 トラブルも無く17kmの登りはクリア。しかしながら自分の順位とかは全くわからずタダひたすらこぎ続けます。高低図を事前に見ていたため、ある程度攻略法は考えていたので精神的には楽でした。4つあるメインの登りを終えればほぼ終わったようなものと自分に言い聞かせつつ常に走行。

 中盤の7kmのDHセクションではCOMMENCAL METAの下り性能が出せたセクションでした。このブログ読んでる常連さん方はご存知かと思われますが、自分はかなりの”下りチキン野郎”なので、下りで安定した性能を発揮できたコイツのおかげだと思ってます。ペダリング、ジャンプ、路面の接地感はすこぶる良かったです。ここで初めて一人のライダーに抜かれてしまいました。

 DHセクションが終わったあと3度目の登りが訪れるわけなのですが、ここでトラブル発生。メーターが反応しなくなっちゃった。振動でセンサーがずれてしまい計測不能に。登りで攻める僕としては距離がわからないとペース配分が不安でしたが、仕方が無いので心拍計とタイムを見ながら登坂しました。さっき抜かれたライダーはここで抜き返しちょっと嬉しかったです。ここは皆もしんどいところだと思っていたのでゼリーを補給しペースアップ。数名のライダーをパスしました。前を走るライダーはいぶ少なくなってきたので単独で走ってる状態が続きます。

 最後の4つ目の登りでは登りラストってことで多少ペースを上げましたが、結局前のライダーは全然いなかったのと、距離が全然わかんなかったので後ろを気にしつつイーブンペースで登り最後のDHへ。
 
 僕の中では「王滝42kmのレースは34kmで終わり」と思い走っていたので最後の8kmのDHは楽しんで下りました。METAだったから全然楽勝でスピードを上げて走れました。ヘタなくせにスピードは上げてるのでコーナーで何回かコースアウトしそうになりましたが、誰にも抜かれることなく下りました。しかしメインの下りを終えたところで後続車が1台着いてきてました。ここで差されたら順位が落ちる〜と思い必死で逃げます。コーナーでどんな人か見てみたらこのレースで唯一、中盤の下りで一度抜かされた人でした。必死こいて逃げますが後ろの人下り明らかに僕よりうまい。コーナーで難度も突っつかれながら下りました。おいしいラインは前を走る僕の方が取れるので、何とか抜かされずにすみラストの2kmくらいのフラット区間へきました。振り切るのはここしかなかったので脚を回すのを一度も止めることなく逃げ切りフィニッシュ。

 ゴール直後、タグを取ってもらってるときにスタッフの人に順位を聞いてみました。

僕:「すいません僕は何位ぐらいですか?」
スタッフ:「6位です」
僕:「マジ!?」

総エントリー約700人(出走台数はまだわかんないです)のこのレースで上位入賞できたので嬉しかったです。代理出走を除けば・・・ハァもったいない。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとご満悦な僕。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴール直後のN君。初王滝42で3時間ちょっと。お疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します
フィニッシュラインを通過するジョン。一度パンクした割にはいいタイム。

クリックすると元のサイズで表示します
今年のへタレさんはジョンのパンク修理を手伝いながらも1時間短縮。目標達成おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
おそらく初レース?のKさんと写真を撮るKさん。お疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します
そして100km完走のSさん。6時間40分台はすばらしいです。来年120km一緒に出ましょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
同じく100km完走のMさん。6時間50分台でこれまたすごい。来年120kmは出るのか?

 WさんIさんゴメンナサイ。時間の都合で帰ってしまったのでゴール写真撮れませんでした。また来年?

  
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ