2018/11/12

山x山  

 土曜日はロード練で5名でニノ瀬〜上石津方面へ

クリックすると元のサイズで表示します
 バイクはTIME RXRS。泥除け&ベル便利っすよ。今回はLEOMOのセンサーを足にだけ装着しフットアングルレンジ(ペダリング時の足首の角度)とペダリングのスムーズさを数値で見るDSS(デッドスポットスコア)計測。
 TTバイクよりもスムーズなペダリングが出来てる。DSSは走行全体で左14.6/右2.3(数字が小さいほうがいい)
 パイオニアのペダルへのフォース、ベクトル&トルクとは異なり、足自体の動きのレンジ「モーション」を計測するので、動かし方からポジションを考えられる。今回は足のセンサーだけにしましたが、センサーは足以外は専用の使い捨て接着シールを使うので、最大5箇所(胸椎、仙骨、大腿x1ないし2、足x1ないし2)全てのセンサーを用いるときはその分少しコストがかかり、真面目にポジションだしに取り組むときじゃないと全部付けるのは躊躇してしまいます。

 DSSを減らすとよりスムーズなペダリングが出来るわけなんですが、左の脚を持ち上げる動作が右に比べ遅いことが何回かの計測でわかったので、今後はエクササイズやドリルで修正して行こうと思います。
 TTバイク(FELT IA)ではレッグアングルレンジも計測し確定したのですが、ロードは時間がなくてやってないので、ロードもそのうちやろうと思います。身体は運動連鎖するので一箇所だけ見てもだめなので、全体を見ないといけないし。
 フットアングルレンジの左右差は1.7度、12時からのヒールの落込みを図るFARQ1も左右さ0.9度とこのあたりも悪くない数値。自分のバイクフィットが出来てありがたいアイテム。テクノロジーの進歩はすごい。でもバッテリーのもちが悪いので、ポジション出しの経過及び確認時以外ではあまり使わないと思います。
 
 今後バイクフィッティングの時にはLEOMOを用いるので、ご自身の動きを明確にしたい場合はご依頼ください。数値でダメダシできます(笑)
 フィッティングなしでの計測のみというメニューも今後は作ろうと思います。レンジはRETULやGURU、BIKEFITで学んだものを利用するのでワタシの持論ではないのでご安心を。

 しかしながら、肝心のパワーはショボイので、今回のニノ瀬ショボパワーデータはいつもの看板スタートで 25:28秒 231wt 今年度9回ニノ瀬に行きましたが、5番目のタイムでダメダメでした。今年は23分台が0回なので、ヒルクライムは遺伝子的にゴールキーパー向けの自分にはやっぱダメだな(笑) 皆さんそれなりにタイム良かったみたい。帰りに多良峡を通りましたが、紅葉というよりも全然グリーンでした。今年は暖かいね。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして今日はまさかのMTBで池田山。57分もかかった。もう行きたくない(笑)というのはウソですが、路面が悪くてもタイヤ太いしブレーキが効くので無双で走れるため安心。下りも確実に車より速く、そして楽しい。
 
 そして、いびがわマラソン出場された皆さんお疲れ様でした。来年はまた出たいな。ハーフやけど。フルマラソンはトライアスロンのロングのときだけで十分です。

クリックすると元のサイズで表示します
 珍しくBBのタップのご依頼。ネジヤマえらいことになってました。最近のBBは圧入全盛なんでなんか新鮮w


クリックすると元のサイズで表示します
 ZIPP 302クリンチャーDISC 入荷しました。45mmハイトのディスクブレーキ用カーボンクリンチャーホイールです。F:84,600(税別) R:107,800(税別)ZIPPの末弟のカーボンクリンチャーホイール。1600gとそこそこ軽量なオールラウンド系ホイールです。ZIPPのホイールはクオリティ高いですよ〜。エントリーグレードのディスクブレーキ完成車付属のホイールからのアップグレードにいかがでしょう。


 このところちょいちょい弊店のホームページをいじってます。少しずつですがどこかかしら更新してます。少し面倒なので、ちょっとずつしか出来ません。すいません。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ