2006/5/7

箱館山  2006 Jシリーズ

 5月5日、6日JシリーズXCO第2戦”箱館山”行ってきました。
 
 5日は試走のためお休みをいただき、6日はレース後に即効帰ってお仕事と近場だからできるスケジュール。今日は疲れたのであんまし仕事にならんかったし、ラブリ−な甥っ子の6才のお誕生日っつうことで定時閉店しますた。久々に高カロリーなケーキを食べてしまった。

 5日、現地到着後DHに出るAさんの応援をしようと思い出発。しかし着いたらちょうどゴール直後で感想のみ聞かせていただきました。2度の転倒でタイムロスしたらしいですが、怪我がなくてよかったです。なんでも朝っぱらから救急車きまくってたようです。でも、DHみてるとやりたくなるんだよな〜下りチキン野郎なクセに。今年は秋に富士見ツアーを組もうと思います。
 とりあえずAさんと談笑したあと節約のためオカンに作ってもらった弁当で腹ごしらえし着替えてゴンドラに乗りコースへ試走しに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャ〜ンプ。

クリックすると元のサイズで表示します
コースの途中で止まって撮影。ゲレンデの頂上付近。相変わらず変な写真を僕は撮っている。まったくもってセンスがない。下に見えるコースと遠くに見えるのは琵琶湖。

クリックすると元のサイズで表示します
 これはエキスパートの出走前の画像ですが、試走のとき中央に写ってる不敵な笑みをしてるy君を見つけたので、ちょっとだけ一緒に走ってシングルトラックのラインの確認をさせてもらった。ちなみに今回は10位だったっけ?すげ〜。ずいぶん速くなりやがった。昇格したら焼肉をおごる予定。がんばれ。

 この日は3周試走。ほぼダブルトラックでシングルはなんとたった2箇所と前回の八幡浜とはまったく異なるレイアウトで高速レースを予感させました。同時にタイヤ選択はミブロマラソンで決まりやなと納得できる試走ができました。ちなみに所有するIRCタイヤ(シラク、ミブロ、スティンゴ)を全部持ってきました。
 結構疲れたので車に帰ってサラサの湯っていう温泉へ直行。ジャグジー風呂を独り占めして入ってリフレッシュ。平和堂で晩飯と朝飯を補充し再び現地へ行き晩飯食って就寝。ちなみにビックリするぐらい晩飯を食いました。
  
クリックすると元のサイズで表示します
 6日朝、5:50分起床。私、朝起きるとスイッチが入ります。お食事中の方すいません。ウ○コタイムです。早朝なのでウン○渋滞もなくスムーズに軽量化成功。戻って朝飯。これまたビックリするぐらい食べます。食べすぎたせいか、ローラーでアップしてると再びものすごくウ○コがしたくなり、上へ上がったあとおそらく人が居ないであろうと前日下見した(笑)トイレにて軽量化。すっきりした状態でMさんの写真撮影に向かいました。何枚か撮って再びアップ再開。
 そして召集。またまた緊張し始め番号を呼ばれスタートラインに並びます。今回の僕のビブナンバーは517、語呂合わせでは”濃いな〜”って感じです(なんじゃそれ)。前回の順位が繁栄してたらしく2列目という良い位置に並べました。ウレピ〜(古!)。
 いつもどうり神様にお祈りしスタートを待ちます。今回は6kmx3周と結構長めなのでペース配分に重点を置くため、いつもはレースのとき使わない心拍計を装備していきました。(何でレースのときつけへんの?ていうと心拍計見てると自分がいっぱいいっぱいになってるのがミエミエになっちゃうからです。なんせノミの心臓なんで・・・)今回は緊張しつつも意外と落ち着いてスタートを待ててたので良かった。
 号砲ともにスタート。またまた皆さん位置取りのためゴリゴリにロケットスタートです。一気に心拍90%越えます。良いスタートが切れ10番手くらいを走行。「行けてるよオレ」と思うのもつかの間ゲレンデ上まで向かうキャンバー上の芝のルートで何人かにパスされる。心拍を確認するが依然90%以上なのでいっぱいいっぱいながら抑えての走行。芝の上の走行はペダリングが重いがミブロマラソンの低くつながったノブがコギを軽く感じさせます。18位くらいで最初の登り終了で短めの下りへ。やはりそこで「チキン野朗ッぷり」を発揮。3人ほどに抜かれてしまいます。Yes I am Chicken!しかしながら今日は追います。なんせタイヤ選択がバッチリだったためそんなに離されずに第一シングルへ。シングルではライン取りバッチリでノーミスでクリア。次の下りでもそんなに離されず下ります。このときはCERVINOの回転に超満足。長めのシープロードの下りではクラウチングするとグングン加速。ブレーキもヘイズエルカミーノのコントローラブルな点が生き安心してコーナーへ突っ込みます。しか〜し!勢いあまってライン取り失敗し危うくコースアウトしかけたところで2人に抜かれてしまいました。そして短い登りのあとの第2シングルへ。前日の練習でラインをチェックしてたので自信を持って突入。しかし2度ミスって足つき2回。トライアルなら2点減点ですよ〜なんて思いながらクリア。芝の下り&登りを無難にこなし1周目終了。
 2周目も心拍はほとんど90%以上で走行。登りでダメにならないよう登りでは85%〜90%あたりでややペースを下げ走行。今回は「下りを攻めよう」といつになく下りを攻め走行しました。登りで1人に抜かれ順位を落としてしまい下りで着こうと思ってたら、下りも得意な方で追いつけませんでした。1周目ミスった第2シングルを2周目でもミス。「なにやっとんねん」って思いながらクリアしファイナルラップへ。
 結構ヘロヘロでの走行。「これで終われる」と思いながら無い足を使ってコギまくり。前のライダーとはだいぶ離されてしまい背中が見えなくなる。ショボイです。弱いです。情けないです。順位をキープしようという”負け組”な気持ちに切り替えこぎ続ける。このときはメチャメチャ悔しかったです。下りで何とか背中が見えるようになったけど、登りで離され追いつけず2度失敗した第2シングルへ。3度目はクリーンで抜けパーフェクトな走りができ気持ちが上向きになった。なんとシングルで1人パスし順位アップ。そこから「後続には絶対抜かれへん」と思い、後続車から逃げラストの登りもボトルを捨てて軽量化し全快でコギまくりゴールへ向かいフィニッシュ。 
 クリックすると元のサイズで表示します
 僕ごときを応援しに来てくださった今○さん撮影のフィニッシュシーン。Mさん今○さん写真ありがとうございました。

 レース終了直後、気持ち悪くなれたので正直うれしかった(訳わかんね〜と思いますが。)全快で走ったから気分が悪くなったと思うんですが、八幡浜では消化不良なラストで力が余ってのゴールだったから、今回は遅いながらも自分の力を出し切って走りきれた感がありました。ゲップしたら朝食べたみかんゼリーが異から出てきた(お食事中の方すいません)。結果95人出走中23位でのフィニッシュ。てな訳で今回もポイントゲット!ひとつ順位もあげることができました。エキスパート昇格へ向けて一歩前進しました。

 同行したH君。今回もDNF。オイオイなにやってんだよって感じです。なんと今回はスタートまもなく不運にも後続車にぶつけられリアエンド曲げ&リアメカ破損&チェーンが千切れると散々な状態で終わりました。レースはなにが起こるかわかりません。

 せっかくなんで今回のタイヤ”ミブロマラソンチューブレス”のインプレッション。2.1とやや太目ながら低めで揃えられたブロックが転がり抵抗を低くし、セミスリック張りのコギ軽さがありました。サイドノブのグリップも十分で安心してコーナリングできました。ジープロード、芝が多め、シングルトラックが少なめな箱館山には良い選択だったと感じさせてくれました。IRCはホントいつも良いタイヤを作ってくれます。

 ちなみに今回マシンもほんのわずかに仕様変更。ラピッドファイヤーリモートを取っ払い、フロントメカにマッドフラップを装着。前回装備しなかったパンク修理剤を取り付け。ノーチューブのシーラント液をタイヤ内部に入れておきました。

 次回はコメンサルのMETA4もレースに持って行こうと思います。王滝やエンデューロでは使いましたが、個人のクロスカントリーレースでどれだけ使えるか試そうと思います。フルサスは重量があるためトレーニングをしっかりしてレースに使おうと思います。次回はアンカーかコメンサルかどっちになるかな?

ps:トレーニングもがんばりますが、仕事ももちろんがんばります。今日もご来店&お問い合わせありがとうございました。また最後まで長文を読んでいただきありがとうございました。次回の目標は20位以内、クイズもやりますよ〜。
0



2006/5/7  12:35

投稿者:くまろう

こんにちは。昨日はお忙しい中、すっかりツール話に盛り上がってしまってお仕事の邪魔をしてすいませんでした。「ヤン様」サドルバッグも綺麗につきました。
夫婦共々、甥っ子さんのラブリーな姿にやられてしまいましたが、今度は走りにも参加させて下さい。
それでは!

http://blog.livedoor.jp/kumarou

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ