2017/2/27

カーフマン チャンピオンシップ  デュアスロン

 昨日はカーフマンに出場してきました。

 カーフマン自体は11回目の出場で、内、春の大会出場としては3回目。

 1月初旬に右足がシンスプリントになってしまい、1月のラン練習は怪我する前までの2回。2月からラントレを再開し5km程度までのリハビリジョギングを通産10日程度しかしていない状況で、ランの不安がありましたが、なんとか壊れることなく完走できました。

 ランができない分、固定ローラーのトレーニングと四国1周ライドでバイクトレーニングは出来ていたので今回はバイク頼みのデュアスロンとなりました。


 今回の使用バイクは久しぶりの実戦投入となるFELT DA。

クリックすると元のサイズで表示します
 チョイスした理由は昨年末から少しポジションを変えたので、それのテスト&機材チェックのため。ポジションはクリート位置、サドル高、アームパッド位置を変更。
 機材はGOKISO GD2&グランプリTT F23&R25c。GOKISOはチューブラーからクリンチャーリムに変更。
 ペダルはおそらく全参加者の中でおそらく使用者は唯一となるMKS(ミカシマ) US-Lの6400円のペダル。KEOクリートコンパチなのと、恐ろしく回るスピンドルとめちゃくちゃユルユルキャッチがチョイス理由。さすが競輪ペダル作ってるメーカー。このペダルは今後カーフマン専用機材として使うと思います。ちなみにとても外れやすいので競技用ではありませんと明記されております(笑)

 朝食はコーヒーとあられ。レース2時間前に缶コーヒーと自家製梅干おにぎり1個(梅干はT賀家謹製)、補給食はレース前マグオン グレープフルーツ味x1個、レース中メイタンCC200x1個、ドリンクは水。
 カーフマンは絶対に攣るので(笑)攣り対策必須。普段、就寝時のこむらがえり以外ではあまり攣る事ないのですが、カーフマンのエイジクラス過去11回で攣らなかった事はナイ。
 攣り対策は、塩多目&T賀さんとこの梅干で作ったオニギリとマグオンがメイン。

 アップはバイク10分、ダイナミックストレッチ&ラン1km程度。



 〜 レース 〜

 ウェーブスタートではなく一斉スタートに人数が少ないため急遽変更。今回のエイジクラスはは男女含め80人出走。
 ラン5kmは怪我明けのため、スピード練習をしてないのでゆっくり行くと決めていたので、いつもはkm4分の設定にしてましたが、15秒遅く走るkm4分15秒で走ることにしました。
 ランVO2MAXも12月の時点で58だったのが、2月の練習再開時には53に落ちていてランの自信がなくなっていたので、揖斐川をたまに見てリラックスする感じで走りました。

 第一ラン 5km 2.5kmx2周

 22:00 56位 ペース4分13秒 166/174bpm ピッチ176/202 


 タイムは良くないですが、嬉しかったのは左右平均GCTバランスが 50.1% 左/49.9% 右 で左右差が少なかったこと。怪我してからフォームと走り方を変更することにし、左右差を少なくするエクササイズも行っていたのが出た模様。練習時は0.6〜0.8%くらい差があるので大会時に出来たのは純粋に嬉しい。


 バイク 30km(5kmx6周) 

 55:46秒 (トランジット@:1分10秒 A:1分21秒)33位
 Ave34.0km/h  Ave175wt  157/163bpm 74rpm


 バイクパートはTTバイクでの外乗りは今年に入って2回目。シコイチのロード1000kmのおかげでTTバイクがめちゃくちゃ軽く感じ感動。踏みすぎないよう走りました。
 新たなエアロポジションのテクニックを得たので、それのテストがあくまでもメイン。11月は雨でとても寒かったカーフマンでしたが、今回はわりと暖かいので助かりました。
 しかしながら風は強いので向かい風で苦しむライダーは多かったです。ワタシは向かい風が多い方が不正選手(ドラフティングする選手)が崩壊するのでウェルカム。
 今回はカメラを装着しなかったので、北上する向かい風の部分でワタシに付きそうな若手がいたのでレース中

 「付くなよ。」

 と3周目に一度だけ「坊や」にクギを刺しました。

 追い風、向かい風の繰り返しなので、ペース配分しやすいコース。TT用機材のチェックに持って来いなんで、今回はFELT DA & GOKISO チェック!
 
 ちなみに過去11回のカーフマンのバイクパート上位5件を掲載。
 ※トランジット込みのタイム、コースも若干違うのであくまでも参考です。

 2014年11月 CERVELO P5+VISION 3SPOKE+DISC 53分25秒 185wt
 2015年11月 CERVELO P5 VISION 3SPOKE+DISC 54分01秒 未計測
 2016年11月 CERVELO P5 VISION 3SPOKE+DISC 54分51秒 157wt
 2013年11月 CERVELO P5 MAVIC CXR80前後 54分53秒 190wt
 2017年 2月 FELT DA + GOKISO 前後50mm 55分46秒 175wt

 CERVELO P5は確実に速いな〜。ちなみに体重も異なるので、パワーも参考数値。16年11月は57kg台。17年の体重は58.8kg。他は60kgオーバー。
 
 FELT DAでは過去4回出てますが、今回が最速。DAの2番目は11年11月 FELT DA+ZIPP1080+900DISC パワメ無し。56分24秒。パワーメーター無いとペースは感覚だけなので、イーブンなデータ取りが出来ないし、この頃は自分のランニング激遅暗黒時代のため、これも参考まで。
 今年の11月に行われるであろうカーフマンではFELT IAでCERVELO P5のタイムを超えるよう走ろうと思います。

 ホイールも適材適所。他にも解析したことがあるのですが、貴重なリアルデータとして、店頭でのセールスに使おうと思うのでこちらでは伏せときます。
 上は大まかなデータですが、使用タイヤ、空気圧、ウェア、ヘルメット、心拍数、コーナリングなども影響があるのは当たり前ですが間違いないですね。ポジションという重要なのも付け加えねば。自転車はオモシロイ!ローパワーでも楽に速くなることをこれからも研究していこうと思います。

 補給はバイク残り二周で給水込みでメイタンCC200を食べました。脚攣りはなかったので良い感じで走行できました。

 スプリット 1時間17分46秒 42位


 第二ラン 5km 2.5kmx2周

 23:05 49位 ペース4分27秒 161/168bpm ピッチ179/187 


 トランジットでシューズを履き替えるときバキッ!っと安定の脚攣り。バイクは上記のとおり第二ランの脚の残りと、攣りも考慮しパワーセーブし走っているのですが、毎回恒例のカーフマンの洗礼はやはり来て、今回も右脚がバキーンと攣りました。
 ムギッ!っと立ち上がり出発。最初の1kmは攣りながらの耐えるラン。

 4分26秒 追い風に助けられる
 4分27秒 ちょっと復活するも向かい風
 4分27秒 
 4分18秒 追い風でペースアップ
 4分34秒 向かい風&タレ。
 
  
 こんな感じで終了。



 公式記録

 1時間40分51秒 42位(出走80人/完走78人) エイジ9位

 
 右脚のシンスプリントからの復帰戦となりましたが、痛みが出なくて良かったです。脚の具合も良くなってきてるので、3月からしっかりラントレして昨年末のランパフォーマンスくらいに戻し、今年も向上させていきたいです。もちろんバイク&スイムも頑張ります。

 エントリーしていた来週の静岡マラソン(フルマラソン)は、ちゃんと走りきれる自信がないのでDNSすることにしました。怪我が再発しても怖いので。
 自分のメインの趣味はマラソンではなくトライアスロンなので、6月末の徳之島トライアスロンで良い成績が出せるようトレーニングしていこうと思います。


 追記

 昨日の就寝時、オモクソ内転筋&ふくらはぎ脚攣りで飛び起きた。やはりカーフマンはダメージがデカイ。月曜は完全休息日でトレーニングしませんでした。 
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ