2017/2/13

〜四国一周の旅〜 ありがとう四国4県   サイクリング

 2月1日より8日までお休みを頂いて、四国一周サイクリングを行ってまいりました。お客様、問屋関係者の皆様にはご迷惑おかけいたしました。
 まずは無事帰宅したことをご報告させていただきます。ありがとうございました。

 人生でいつか、四国一周したいな〜。と言ってはいたものの、なかなかやらなかった(やれなかった)ので、昨年から「2月にシコイチします!」と様々な方(特に常連さん)にアウトプット。
 言うことによって実行に移せるので、まずは発言する。零細企業で大ローン抱えてる絶賛自転車操業中の自転車屋なので、1週間休むということは結構決断が要りました。

 バイクはスコットの2017年の試乗車キャンペーンに乗っかっちゃってるので(SCOTT JAPANのHP見てください)せっかくなんでSCOTTのSOLACE 20 DISCで走ることにしました。
 組み上げたのは出発前日の1月31日。組んですぐに輪行バッグに入れたので、乗車ゼロでシコイチに挑む(笑)
 タイヤだけはデフォルトの28cからミシュランパワー オールシーズン25cに変更。軽さ、耐パンク、走行抵抗低減を考えての変更。チューブも完成車付属品をそのまま使用。レースじゃないので普通のブチル。あとは全部完成車の仕様そのまま。
 
 バイクバッグはブラックバーンの大型サドルバッグとバックパックはいつもツーリング時に使ってるFAUDEの16Lのバッグ。輪行バッグは軽量化したかったので、オーストリッチのL100輪行袋。保護パッド類とかももちろん用意。
 チューブ4本、ミニモンキーレンチ、ミニラチェットレンチ、ポータブルレンチセット、パンク修理セット、レザインV10ハンディツール、レザインプレッシャードライブCFH、CO2ボンベ3本が主な持ち物。フロントライトはレザイン900XLと旧型の150ルーメンのミニライト(名前忘れた)。テールライトはレザインザクトオートとキャットアイラピッドX2キネティック。連日のロングライドが予想されたのでライトは前後ともメインとサブで揃えました。サイコンはガーミンEDGE800。
 DHバーは使い慣れているのと、ポジション選択の自由度が上がるし、何より平地でドロップより速く走れるので装備。ちなみにDHバーは3TのSKIベンド。普段からTTバイクの乗車率が高いので全く苦にならない。

 装備はこんなもんで、バックパックには着替えとシューズを入れて走ってました。あとは電子機器の充電器。スマホやライト、ガーミンを充電しないといけないので充電器のアダプターは2個、モバイルバッテリーは1個持っていきました。

 もっと減らせたなぁと思いましたが、心配性なんで余分に持っていってしまったものといえば、ソックス、パンツ。
 補給食でジェルを4つ持っていきました。道の駅などでいろいろ食べたのであまり補給はしなくてよかったです。ですが2個使いました。
 試供品でもらったプロテイン3個、回復狙いでメダリストのアミノ酸パウダーは3包持参。これらはすべて使いました。

 ヘルメットはメガネ野郎&エアロ野朗なので、GIRO AIRATTACK SHIELD。サングラスもランのときに使うかな〜と思ってルディのトラリクスを持っていきましたが、使いませんでした。



クリックすると元のサイズで表示します
 初日は輪行で電車&バス。徳島県の高速鳴門まで行き、下車してバイクを組み立てそこからスタートとしました。
 人生最初のトライアスロン、日和佐うみがめトライアスロンは車で行ったので、うる覚えだけどここ通ったことあるよな〜と思いながら自転車で走行。
 最初は国道メインだったので、あまり距離は伸ばせませんでした。初日はパールイズミの3Dパッドのタイツで走行。シャモアバルムももちろんしっかり塗っている。のでケツは大丈夫。初日から大事と思ってたので無理せず暗くなるころに宿に入りました。
 宿は日和佐に入ってから探しましたが、1件目の民宿に断られてしまい少し焦りました。

クリックすると元のサイズで表示します
 2日目は早く起床し宿の近くをジョギング。3週間ぶりのランニングとなりました。日和佐のランコースも少しだけ走りました。
 2日目は室戸岬がメイン。ところどころで風は強かったんですがず〜っと海岸線を走り気持ちよかったです。この日からお遍路さんしている方をちらほら見かけて四国にいる感が出てきました。高知まで行きたかったので、この日の目的地は高知市内に設定。途中で宿を予約しゴールを決め結局この日は157km走行。

クリックすると元のサイズで表示します
 3日目、この日も早朝ジョギングしました。足摺岬をゴールに設定。高知市街を抜けるのもそんなに苦もなく抜け、土佐の街道沿いの産直品のお店で補給食のポンカンを購入。岐阜から来た話をしたら、大垣知ってるとか、おちょぼ稲荷に行ったことがあるとか海津に親戚がいるとかローカルトークできて嬉しかった。
 須崎を抜けてから峠越えになり荷物も重かったので、抜けるまでにかなり時間を要しました。下りきったところの窪川の道の駅で20食限定の弁当ゲット。ウェイトレスのお姉さんの勧めでチョイスしたけどとても美味しかった。特にとんかつ。
 そこからは四万十川に向けひた走り夕方に到着。このあたりで残り40kmだったので足摺岬の宿を電話予約。四万十大橋だったっけ?の近くの地産の売店で特売品を買い、宿での晩飯にする。
 昼間のトンネルなどでライトを使いまくっていたせいで、残り14kmでライトのバッテリーが切れてしまいました。サブライトも持って行ってましたが、気温が低いせいかローバッテリーになっており、これまたやばい状況。そんななかナイトライドしててるとカツオのにおいが気になる。なにかの加工所があるのだろう。とてもいいにおいだった。
 電源オンオフ&月明かりでなんとか足摺岬の宿まで到着。走行距離153km。温泉つきだったのでちょうどよかった。

クリックすると元のサイズで表示します
 4日目、厳しい一日を予想していましたが、まさにそのとおりに。
 この日は足摺岬で日の出を拝みたいと思ったので、岬の灯台までウォーク&ジョグで向かい、準備体操しながら日の出をゲット。すがすがしい気持ちになり、宿へ戻り朝風呂でスタンバイ。ロビーでコーヒーを飲んでスタート。
 走り始めてすぐの丘の上で景色がきれいなところで写真を撮ってたらボトルを落として崖下に落下し紛失。佐渡でゲットしたストロングマンボトルだったのでちょっとがっかりした。
 道の駅めじかの風土佐清水で朝カレー。宗田鰹の出汁の効いたカレー丼が290円でめちゃウマ。足摺サニーロードはほどよいアップダウンでロケーションもいいし走りやすかった。天気がめちゃくちゃよかったのでありがたかったなぁ。柏島の岬も勧められたのだが、往復+30km以上になるので、疲労と時間を考えパス。かなり景色がきれいらしいので残念だが仕方がない。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 大月から宿毛市に向かいいよいよ愛媛県へ。愛南町が見えてようやく愛媛か〜と高知脱出。ここまでもそこそこのアップダウンを繰り返す。MICだったかな?これまた産直の店で水や食料を補給。
クリックすると元のサイズで表示します
 愛媛といえば じゃこてん。やはりうまし。おから丸寿司は初めて食べた。そして安定の干し芋。いもけんぴや紅芋チップなども実はゲットしている。芋うまし。だんだんグルメレポートになってきた。
 「宇和島から西予市に抜けるときの国道はやめたほうがいい」
 こんな情報をポディウムKさんや複数名の事情通から聞いていたので、遠回りだがそこはアドバイスどおり半島周りを選択する。国道は上りで且つ10個ほど自転車道のないトンネルを走らなければならないため安全面を優先。
 宇和島を過ぎたあたりから暗くなってきて、立間という駅付近のホームセンターで翌日の雨天ライド用の雨合羽を購入。干し芋など食べて腹ごしらえしいよいよ半島へ突入。真っ暗な海岸沿いを走る。ライトの電池は十分残してあるが半島だけで何キロあるかわかんないしどれくらいの時間がかかるのかわからないので、節電ライドを心がけ走行。車にたまにすれ違う程度でめちゃめちゃ人気のないところで怖かった。途中でバイオハザードに出てきそうな廃屋から音がしたときはマジでおっかなかった。冬でよかった。
 結局半島だけで50km超。締めの峠もきつかったがようやく八幡浜にたどり着く。最初に見つけたコンビニで休憩し、港近くの宿を予約できました。この日は189km。長い一日だった。

クリックすると元のサイズで表示します
 5日目、佐田岬へ行かずして、シコイチはしたことにはならんやろ!と勝手に思い込んでいたので、この旅のメインディッシュにようやくたどり着いた。
 宿を連泊にしておいて、宿に必要のない荷物を置いていき荷物をかなり減らして走ることにしました。これはGIANTのT山さんのアドバイス。
 朝から雨だったので、宿の玄関で雨具を着て走り出す。正直往復120km程度なのでなめてましたが、実際に走ると上りと下りしかないパンチのあるコースでした。行きは半島の中央のメロディーラインというバイパスを走りましたが、名前とは裏腹にキツイ。最初の道の駅で小休止。
クリックすると元のサイズで表示します
 焼き芋&ミカンジュースがこの日のおめざ。
 出発も10時出発と遅かったので、3時頃に佐田岬到着。最西端の民宿で刺身定食を食べましたが、この旅で一番うまかった昼食。ぶりのあら煮はほんとに味わって食べました。
 帰路は同じ道を帰ってもつまんないので、南側の海岸沿いを走りました。崩落による通行止めが1箇所だけありましたが、暗くなってきたのと戻ると距離が伸びてしまうので自己責任で通過。途中で行きのバイパスに合流し帰りました。結局この日もナイトライドになりました。往復での113km。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
6日目、八幡浜出発時は雨で2日連続で雨具を着用し走ることに。スタート時は気は重かったけど、ようやく佳境を迎えると感じ始めた。雨は走り始めて1時間後には止んで、休憩ついでに寄った公園で雨具を脱いでバッグに入れる。瀬戸内海を横目に海岸線沿いを走ってるときは波は荒れていたものの横風&追い風になって自転車的にはかなり走りやすかった。
 松山市街ではGROOVEさんとこと松山城に寄ってプチ観光。
クリックすると元のサイズで表示します
 松山城はカッコよかった。近くまで行きたかったけど時間的に厳しいので、もっと爺さんになったら行こうと思った。
 愛媛県はとても走りやすく、国道の側道部分にブルーラインという線が引いてあり、サイクリストを道の駅やサイクリング時の休憩などのできるスポットに案内する導線が延々と引いてあり、国道もかなり快適に走れる。しまなみ街道が有名だが、愛媛全域はかなり楽しく走れるので、愛媛県最高!
 昼食は国道沿いのチェーン店でしらす丼と豚汁を食べました。「愛媛マラソン出るの?」と店員さんに何故か問われた(笑)
 この日のメインは実は晩飯。愛媛県の友人Mさんと食事をすべく西条か新居浜で待ち合わせすることを昼頃に連絡。完全に自分の都合で申し訳なかったですが、この日も距離を稼いでおきたかったので。
 今治ではしまなみ街道の入り口付近を通過し今治城にも寄りました。
クリックすると元のサイズで表示します
 狙い通りこのあたりも追い風基調で快適走行。Mさんに現在地を逐次連絡し新居浜で待ち合わせ決定。新居浜までも国道をかなり走りましたが快適走行。日も暮れてまたまたナイトライドになりましたが夜の走行も慣れてきた。結局この日の走行距離は155km。
クリックすると元のサイズで表示します
 そして宿に到着し、宿近くの焼き肉屋さんでまさかのしゃぶしゃぶ。愛媛で肉食べると思いませんでした。愛媛マラソン前だったのにスイマセン。2015アイアンマン北海道で相部屋だった方なのですが、オモシロすぎてなんとしても再会したかった訳です。今回の旅でも最もおもろかった一時を過ごせました。これからもトレーニングがんばって下さい!
 宿に戻って明日の準備し就寝。いよいよ四国一周ファイナルを迎える。

クリックすると元のサイズで表示します
 部屋を真っ暗にして寝たせいか、爆睡してしまっていて起きたら8時半・・・。完全に出遅れる。かなり急いで準備し9時半過ぎに出発。四国中央市に行くまでの最初の峠がたいした標高、勾配でもないのに結構しんどかった。香川県に入るとようやくラスト!って感じになりましたが、自分が選択した道のチョイスが悪かったこともありとても走りにくくなかなか距離が伸びない。この日の最初の目的地丸亀までが異様に遠く感じました…。朝食を食べずに出たのでおめざは焼きうどん。ロケットうどんっていうお店でしたが、この店の人気商品ってことでチョイス。
クリックすると元のサイズで表示します
 丸亀、讃岐でウドンを制す!と思ってたけど丸亀までもたないと思ったのでここで食べてよかった。道も悪いので低速になるし、振動でケツも痛いし最終日のこの日が一番きつさを感じました。
クリックすると元のサイズで表示します
 20km/h切りの超低速走行に何度もなり国道沿いの遍路小屋で休憩。
 丸亀でこれまた知人というかロードの師匠Aさんと待ち合わせ。必死こいて向かいましたが、ワタシが遅すぎたせいで丸亀から自転車でお迎えにきてもらいました。
 人に会うと生き返るもので、早速「丸亀城行きたいっす!」と丸亀城へ案内してもらいました。久々に人と会話しながら自転車乗って楽しかった〜。
クリックすると元のサイズで表示します
 丸亀城も小高い丘の上にあってカッコよかった。クソ〜大垣城もっとカッコよかったらいいのに〜と負けた感アリアリ。
 そして丸亀城で記念写真。丸亀場内を自転車で突き抜けカフェ行きたいアピールしコーヒータイム。雑談して大休憩で大回復。ゴチになってしまいありがたき幸せ。
 高松へ向かう道を案内していただき、ランデブー走行。Aさんは実業団で走っていたのでペダリングがやはり異常にスムージー。ゆっくり走っててもいまだに引っ掛かり感のほとんどないペダリングを拝ませていただきお別れ。最終日の2日間はウルルン滞在記。
 お別れしてからは一人旅再開。いざ高松へ。国道はずっと走りにくい状態が続く。都市部になると走りにくさはさらに増す。最終日は気温も低かったので意外と過酷に感じました。
 そしてこの日もナイトライド。高松を過ぎさぬきに向かい、晩飯は絶対さぬきウドン食べるぜ!と意気込んでたのですが、こっちのほうのうどん屋さんは4時には閉まっちゃうところがかなり多く、自分が食べたいと思った時間にはほとんどやってないというガッカリ度満点ライドになってしまった。とりあえず東かがわに向かう途中で夜もやってるうどん屋さんを発見したので、そこで、しっぽくうどん なる野菜の入った温かいうどんを食べました。ナイトライドで身体がかなり冷えていたので生き返った〜。
 食事もしたし、夜は車も減るので快適に走れるようになり、いいペースで走ることができ、東かがわへ向け快調に走る。そこを抜ければいよいよ徳島鳴門。
 鳴門に入ると帰ってきたぜ〜と感慨深くなり嬉しさ爆発。海岸線沿いもほとんど車が来ないのでDHポジションでガシガシこいで楽しくなってきた。ようやく終わる嬉しさ反面、楽しいけど苦しかった旅が終わるので寂しくも感じました。
 そして鳴門のスタート地点まで戻ってきてゴール!超嬉しい!クリアしたぜ〜!と自己満足をバリバリ味わいながら必死こいて宿探し(笑)

 鳴門市内で4件断られたので本当に焦った。ちょっと離れた松茂というところで宿が取れたので10kmほど走り宿泊。部屋で一人、ビールで乾杯し就寝。最終日は173kmで全ライドで2番目に長い距離でした。


 というわけで、四国一周ライドは終了。ワタシの走行距離はトータルで1015kmでした。800km〜1200kmと事前にリサーチしていたのですが、実走だとどうなるかわからなかったのでとても不安でしたが、行程も概ね予定通りにいった感じです。天候にも恵まれ、雨天走行もありましたが、その日は幸い気温が高かったこともあり冬の雨でもマシなほうでした。
 いろいろな方のアドバイスも役に立ち、今回の連日ロングライドはうまくいった感じです。実は体調を崩さないよう、食事や、翌日の走行に向けての回復(ストレッチなど)、走行ペースも考えたりいろいろプランニングしながら走っていたので、それも上手くいったことも今回の収穫でした。
 旅系のライドがこんなに面白いとは思いもしておりませんでしたが、新たな自転車の趣味として今後もたまにはやっていきたいと思いました。家族もちのサラリーマンの方はなかなか1週間も休むのは無理かもしれませんが、家族が許せばゴールデンウィークなんかにショートトリップを入れてみてはいかがでしょう。まったく知らない土地でのライドは新鮮度がぜんぜん違いますよ。高知ではカツオ、愛媛では柑橘系の土地の匂いが今でも思い浮かびます。食べ物も田舎は安くておいしいものいっぱいありますし。リフレッシュ度が半端ないです。


 ちなみに、そんなウエサカは次の目標ができてしまいました。

 九州縦断ライド!

 なかなかいつやれるかはわかりませんが、実現したいと思います。絶対やったるで〜。
 自転車最高!日本最高!がんばって働こうっと。1週間不在でご迷惑おかけいたしました。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ