2015/12/27

バイクフィット  バイクフィット

 土曜の午前中はバイクフィットのご依頼があったので5時半起きで30分だけジョギング。身体を起こしてお客様のご来店をお待ちいたしました。

 今回も当店のお客様ではないのですが、ロングライド中心で、クリート位置やポジションの確認がしたいとのことでご依頼いただきました。

 インソールのご依頼も頂いていたので、カスタムバランスインソールをまずは作成。足裏、足首からの解析。偏平足寄りのローアーチで、外反母趾もあり典型的なオーバープロネーションな方でした。履いてすぐにフィット感にご満足いただけて良かったです。

 続いてアセスメント。柔軟性が乏しい方で、膝下からの筋肉がやや弱め。シングルレッグスクワットなど数種類の筋力チェックでポジションについて考案します。シッテイングとスタンディングリーチの確認で上体に関していろいろご説明。

 バイクに乗っていただき現在のポジション確認。
クリックすると元のサイズで表示します
 近年メディアでのバイクポジションの記事は多いので、勉強されてる方だったので、手を加えるところはかなり少なかったです。
 変更点としてはサドル位置を16mm後退。バイクフィットで推奨するレンジに変更させていただきました。持論ではなくバイクフィットのレンジでニュートラルを出します。
 
 ご使用のペダルがTIMEのため、スタンスの調整が限られているので出来る範囲での調整となります。カスタムバランス作成時の足のチェックとアセスメント、FFMD測定、レーザーでの軌道確認でカントをつけたほうが良かったので、ITSウェッジとクリートウェッジを使ってクリートを補正。ペダリング時の注意点を指導しました。ポジション変更だけでは修正できない部分は、ストレッチや筋トレ、意識改革なども必要です。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回はハンドルの高さは変更なし、サドル位置は後退したのですが、上半身の余裕を得ることが出来ました。フィッティング前はハンドルが遠く感じるとおっしゃってましたが、フィティング後は少しのポイントで楽に乗れるように。余裕が生まれることによってステムの長さはまだ長くも出来きますね。

 フォローのフィッティングも承りますので、これからのバイクライフがより楽しくなるといいですね。ご依頼ありがとうございました。


 バイクフィットはニュートラルポジションなので、際立ったアグレッシブなポジショニングにはなりません。まずはニュートラルなポジションを探したいといった方にはオススメです。
 また、バイクフィットはアンカーフィッティングとは異なります。クリート位置の確定にお悩みの方はバイクフィットをご依頼ください。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ