2013/6/26

2013 五島長崎国際トライアスロン バラモンキング @  トライアスロン

 6月24日に長崎県五島市で行われたトライアスロン「バラモンキング」に出場してきました。
 
 人生初となるロングディスタンスのトライアスロン。ロングに出ようと思ったのは昨年のアイアンマンセントレア後。ミドルディスタンスクリアできたし行けるんじゃね?と思ったので、U松師匠にご意見を聞くと「宮古島か長崎がいいよ」と教えてもらったので宮古島にエントリーするも落選。確定後即座に長崎へ軌道修正しバラモンキングにエントリー。そして当選、出場決定となった。

 準備期間は昨年9月から。スイムがとんでもなくドイヒ〜なので、それをカバーするため上半身の筋力アップから始めました。なんやかんや言ってスイムに行ける回数が月で行けて4回くらいなので、技術面では上手くなるわけがない。他の2種目に比べスイムはテクニックの割合が高いのは間違いない。

 レース当日3時半に起床し前日に準備した用品類をチェックし食事へ。今回は民宿「しみず」というところに宿泊したのですが、自分は4人相部屋で10数名宿泊できる施設でした。
 朝食は4時。ご飯お茶碗半分、味噌汁、ししゃも2匹。納豆、目玉焼き、キャベツの千切りなども出されたのですが、レース前なので食べませんでした。ロングディスタンスレースなのでいっぱい食べておきたいところですが、血糖値を安定させるには朝食は軽めな方が良いし、カーボローディングで体重も60kgを越えているのでレース当日の朝食にはさほど食べなくてもガス欠にならない。普段から朝食は小食だし、レース中におもくそ補給するのでこれでも不安なし。

 忘れ物のないよう確認し宿を出る。いよいよレースが始まる。宿泊したのは福江ですが、スタート地点は富江というところでバスで30分近くかかる。主催者が用意したバス乗り場へ向かうと既に長蛇の列。トイレは済ませたのですが、再びもやもやしてたけど会場に着くまで我慢しました。
 予定より若干遅くなりましたが、バスに乗ると隣に見たことある人が座ってる。2年前に総合優勝してる大分県の「かぼす君」だった。まじでビックリした。すげ〜偶然。
 自分がドキドキしながら「かぼすさんですか?」って聞いたらうなずいて握手してくれて「頑張りましょう!」って言ってもらえて嬉しかったです。トライアスロンのロングに出るにあたって彼のブログはずいぶん拝見させてもらったので、「ブログ見てますよ。チャンピオン目指して頑張ってください!」と応援させていただきました。
 
 そしてバスが現地に到着。当たり前だけど潮のにおいがする。ナンバリングを済ませて、
今回の宿で相部屋だった方たちと一緒にスタート前に記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します
 お互いの健闘を祈ってバイクバッグとバイクをを準備しに行く。 

 バイクはほとんど準備が終わってるので、タイヤのエアの補充とドリンクの準備くらい。準備後、スイムコースの確認をしにいく。
クリックすると元のサイズで表示します
 補給食などはバイクにつけずにほとんどバイクジャージに入れてました。順位というより完走する為の快適度を狙って、トライスーツではなくバイクジャージ+パンツに着替える作戦を取りました。
 今回の補給食は、ジェル10本、CCD+OS1(1リットル)、BCAAクエン酸(500cc)、男梅、ジェルブラスト、2RUN、シトリック、カステラ。

クリックすると元のサイズで表示します
スイムスタート付近。

クリックすると元のサイズで表示します
コースロープは張ってある。湾内なので波はほとんどない。
沖に近づくにつれて小波はあるけど、ひわさみたいにうねりは無い。泳ぎやすい環境。

クリックすると元のサイズで表示します
バッグラックには選手がいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します
ここがバイクスタートのゲート。


 6時半にテントで着替えてウェットに袖を通しいよいよ試泳に行く。水温は22度だったかな?普段温水プールに慣れてるので冷たく感じる。
 200mくらい泳いで、陸に上がって水を飲み7時のスタートを待つ。6時50分からスタート地点に並べるけど、フローティングで疲れてしまうので、6時57分まで陸にいました(笑)エリート選手やスイムが得意な選手は最前列に並んでる。


 そして7時にスイム3.8kmスタート。遂に人生初のロングディスタンスレースが始まった。
 コースは1900mx2周。一回陸に上がれるので、スイムの苦手な僕にはありがたい。@〜C番ブイを右手に見ながら泳ぎ戻るタイプのコース設定。
 
 スタートしてしばらくはカオス状態。なるべく自分の泳ぎに徹するようにバトルを避ける。なんせ距離が長いし、リラックスとヘッドアップでのコース確認を心がける。
 とっても楽に泳いでるせいか、全く苦しくなく距離が進む。はっきり言って自分はスイムはクリアさえすればいい程度にしか考えてないので、かなりゆったり泳ぎました。
 
 何事も無く1周目クリア。陸に上がって水を口に含んでうがいし、アクエリアスを飲んで2周目出発。ちなみに今回は3800m泳ぐわけだが、わが生涯で1日でこの距離は

 泳いだこと無い。

 マジです。

 何故って?水泳嫌いだも〜ん。

 3800mと聞くと長く感じるけど、1900mが2回って聞くと楽に感じません?距離的な怖さはありましたけど、1周目がかなり楽だったのですんなり2周目に突入。
 時計は確認しなかったので、1周目がどれくらいで泳いだのかタイム確認すらしてない(笑)
 
 @、A、B、Cと各ブイを通過するたびにもうちょっとで終わると思いながら泳ぐ。半分くらいきたとこで、軽く背泳ぎして肩をほぐし再びクロール。とっても順調で怖さは全く無かったです。まさに海水浴。
 さすがに今回は600人くらい同時スタートなので、まわりにまだ人がいる。きっと僕と同じレベルでスイムが苦手な人たちがいる。

 残り300mくらいのところで右脚に誰かの手が絡んできたので振り払おうとすると、まさかの痙攣。右ふくらはぎが攣ってしまう。こりゃまずいってことで、キックはやめて手だけで泳ぐことに。無駄なことをしてしまいました。
 
 なんとか持ち直し最後まで無事泳ぎきりました。タイム表示を見ると

 1時間44分。だいたい予定通り。我ながら遅いわ〜。


 ゆっくり泳いだので余裕を持ってバッグラックからバッグを取り着替えテントへ。
 テントの中には人がまだまだいる。場所はあるのでウェットを脱いで、袋を開けようとするけど紐を結んでいたのでなかなかあけられない。落ち着いて紐を緩め中身を出す。
 タオルで軽く身体を拭いて、産まれたままの姿になる。簡単に言うと

 フルチンでスッポンポン。

 レーサーパンツ、アンダーシャツ、バイクジャージ、ヘルメット、ソックス、グローブの順で装備しバイクへ向かう。バイクラックのところでシューズを履いていざバイク180kmの旅へ。

 と今日はここまで。次回はバイク編。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ