2012/10/20

カスタムバランス  

 今日は朝一でカスタムバランスの機材を設置。

 設置後に講習していただいたあとにいよいよサンプル作成。するととある輩2名が初来店。
 
 「実験台にちょうどいいじゃね〜か!」

 てことで2人とも拉致ってサンプラーになってもらう。片方の「漢」は既にオーダーインソールを使ってて、もう片方の「漢」は現在使ってない。こりゃ最高の実験台だ。

 で、早速シグマックスの営業さんがお手本ってことで一号のインソールを作成開始。足の状態を確認するポドスコープと言う機材に乗ってもらい、左右の加重の掛かり方を確認。そしてくるぶし周りの画像も脚の加重を変えて3枚撮影し足のクセを分析する。分析中に専用のヒーターでインソールを暖める。足の内反、外反の確認はバイクフィットの時のクリートセッティング時にも役に立つので、お客様と確認しつつ一緒に分析できる点はなかなかありがたいと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 そのあとこのように足をサポートしつつ熱で暖めたインソールを足に完璧にフィットさせて成型。ちょっと冷まして完成なり。

 そして、ウエサカもサンプラーに成型を施す。自分も先日作ってもらったので、作成までの流れはだいたい覚えていたのと、思いのほか作成しやすいせいかスムーズに作成できました。

 オーダーメードインソールのデメリットとして高額であったり、成形時間が掛かりすぎるといった点がありましたが、その点カスタムバランスはかなり優等生。成型後すぐに実感できるフィット感はマジ感動です。

 そして本日来たサンプラ−になってしまった「漢」とは

クリックすると元のサイズで表示します
 「 GT 」サポートライダーの 山中 真さん(One On One)でした。ちなみにこの人、
 09年 5月 SDA王滝100km 優勝
 09年 9月 SDA王滝100km 優勝
 という剛脚さん。一緒にいらしたMさんも同じチームの剛脚さん。Mさんも表彰台乗ってる方でした。

 こりゃ日曜日の「 各務野MTBフェスティバル 」は優勝してもらわんと困るな。なんちゃって。

 ちなみに作成料込みで 8,925円 です。再成型できるので、失敗もぜんぜん怖くな〜い。

 面白いことに、現在数名ご予約いただいてる方はランナーの方が多い…。
 
ウチ、自転車屋ですよ〜。 
 でもでも、ランナーの方もお持ちしてま〜す。数百枚作らないと機材代ペイできないんで(汗)

 皆さんの足がハッピーになれる様に頑張って作成させていただきますので、ご利用お待ち申し上げます。

※インソールの在庫状況のこともありますので、お電話にてご予約いただけますと助かります。必ずご使用されるシューズも持ってきてください。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ