2010/10/24

2010 トロッフェバラッキ  

 鈴鹿で行われた「トロッフェバラッキ」に出場してきた。

 今回で2回目の出場となるこの競技。国内ではここだけじゃなかろうか?簡単に言うなら2人でやるチームTT。鈴鹿10周するので距離は約58km。

 チームTTに出たことがある人はわかることだが、

 速い人にとっては「超楽しい」

 遅い人にとっては「拷問やん」

 なんせ5秒離れたらOUTになるので、千切れてはいけないのだ。


 昨年初出場だったのですが、二度目って事で今年は12:00現地着。13:30出走なのですが、到着後ウンコで時間を食ってしまったのであわててゼッケンをつけドリンク作って着替える。あっという間に13:00になり13:00召集なのでアップは10分で終了。

 13:30に出走開始。ゼッケンは608番。この数字を見ると職業柄ホイールのハブなどに使うシールドベアリングのサイズを思い出すのだ(なんじゃそりゃ) 
 20秒間隔で1チームごとスタート。即行回ってくる。今回の相方も昨年同様、義理の兄のM氏。新しいオモチャを今月頭にゲットしたのでヤルキマンマン。

 「5,4,3,2,1スタート!」とりあえず先陣は僕が出る。

クリックすると元のサイズで表示します
 「イクゼ〜!」 画像間違えた。

 数十m走ったとこで後方確認。

 「止まってますやん…」

 兄者は車輪がずれたらしく立往生。

 「まぁすぐ来るやろ。」
 と待つが乗っては降り乗っては降り。オイオイ。何年か前のシマノ鈴鹿チームTTの時のS隊長が思い浮かんだ。同じ状況である。
 とりあえず戻ってバイクを確認すると車輪のズレのせいかブレーキキャリパーがずれて接触してた。TTバイクはリアホイールの取り付けがギチギチで、トラックエンドタイプが多いのでクイックによっては車輪がずれる場合がある。
 再出発時タイムを見たら4分経過…。昨年よりも速いタイムが目標だったので4分の停車はかなりハードルが上がる。

 ぶっちゃけここから僕への拷問スタート。今年の兄者は違った。ガンガンに踏み倒す。もともと平地が得意なのですが、10kmの自転車通勤とTT専用車の投入により磨きがかかった。情けない話、4周目まで完全に僕が牽く事はなかったですマジで。

クリックすると元のサイズで表示します
 僕「待って〜」一生懸命兄を追う。
 あっ、画像間違えた。

 今年はレース中心拍が180以上上がることは無かったけど2周目で逝っちゃいました。LAPを確認すると2周目は9:14秒でAVE SPEED 37.6km/h。正直僕が足引っ張ってたので申し訳なかったです。付いては切れ、付いては切れ…、迷惑かけまくり。チームTTの厳しさを思い知る。これが4周目まで続きました。

 5周目で寡黙な兄がホームストレートで口を開く

クリックすると元のサイズで表示します
 兄「ちょっと脚にきた」
 
 たった一言。オアシスですよ。オアシス。拷問中だったのでペース落とせるのがどれだけ幸せだったか…。
 5,6,7周は恐らく脚を残す為にペースダウンしてくれたのでローテーションになる。今回の僕は完全に兄の為の休憩要員でした。僕が前に出てペースダウン。兄が前に出てペースアップのローテーション。情けないです。しかしながら僕は下りが超苦手なのですが、MAX63km/h出てても失格にならないよう下りでも追わなきゃいけないので下りも休めない状況。この頃から前乗りのためキンタマが痛み出す(笑)

 8周目にどこかのチームに抜かれた時に兄者のスイッチオンで再び拷問開始。ホームストレートで今年初の脚攣りの予兆…。しかも前脛骨筋…。こんなとこ攣るの初めてですわ。ペダリングがダメですね。8周目はAVE 37.4km/h、9周目はちょっと落ちて36.8km/h。抜かれたチームは抜き返せたので拷問でしたが良かったです。

 そしてファイナル。「やっと終われる…」がリアルな感想。いっぱい牽いてもらってファイナルラップはAVE 39.0km/hで終了。
 
 ちなみに兄はLOOKの左クリートのネジが2本無くなってました。レース途中で「これ以上踏むと外れるかも」と言ってましたが、ゴール後にラスト1本もポロッ。レース後で良かった。このトラブルのおかげでペースを落としてくれたのは言うまでも無い。クリートとクイックはレース前にチェックしましょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
僕 CERVELO P2C 53-39 12-23 ZIPP1080 & ZIPP900DISC
兄 RIDLEY DEAN 53-39 11-21 CORIMA 3SPOKE & CORIMA DISC

 出走41チーム中/24位 1:37:01 35.99km/h しょっぱなの完全停車がカウントされてるので結果は悪いが、兄が単独で走ってもかなり速かったと思うレースでした。来年の参加が怖いが、これで努力する気になった。平地はやっぱ苦手だが練習でなんとか克服してやるぜ。

 エンデューロ参加の皆さんお疲れさんでした。8時間とかありえんし…。また来年!
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ