2006/11/18

大聖堂と朝市巡り 〜フライブルク〜  旅 ドイツ編

前から行きたいと思っていたフライブルクFreiburgに行ってきた。色んな人からここの大聖堂のステンドグラスは綺麗だと聞いていたから。 約2時間で到着。

駅を出てまっすぐ歩くとすぐにその大聖堂が見えてくる。ウルムやレーゲンスブルク、リンツ(オーストリア)の大聖堂やベルリンのテレビ塔のように巨大な目印があると迷わずにそこに行けるからいい。 大聖堂のステンドグラス、噂どおり細かな絵付けがされていて美しい。特に入り口壁側のロゼット(花形の窓)が気に入った。 他の大聖堂や教会のと比べてここのステンドグラスは低い位置にある。入って窓を見た瞬間、ここのは見やすい!というのが第一印象だった。毎回だいぶ見上げなきゃいけないから首らへんがすごく疲れてくるけど、ここは人の頭に近い位置に窓がある。おかげでステンドグラスの細部までよく見れた。影の一本一本の線や、遠目には同じでもよく見るとちょっと不揃いな模様。手仕事でこれだけ細かい大作を仕上げるのにどれくらい時間がかかったんだろう。非常に勉強になった。

大聖堂の周りでは朝市が行われていた。野菜・果物・花以外にもチーズや肉やドライフルーツ、香辛料、手作りの木のおもちゃ・かごを売るお店がある。
クリックすると元のサイズで表示します
クリスマスリースかと思ったけど秋用の飾りつけなんだって
10€〜20€前後 お金に余裕があればこんなん欲しいけど・・・

朝市、野菜や果物が新鮮なのはもちろんだけど、驚いたことはその価格。
や、安―い!!! 同じドイツなのにこんなに物価は違うものなん?!Stuttgart、高いのは家賃と市内交通費だけと思ってたのに・・・ ちょっとショック。独特の風味があるFenchelというお野菜、うちのとこでは確か500gで1.5€とかだけどここでは1kg1€で売られてる!トマトもパプリカもりんごもやーすーいーーー!!! 完全に主婦な気分(笑) 果物屋の絞りたてりんごジュースをグラス付き(Pfand無し)50セントで買う。おいしー!

クリックすると元のサイズで表示します
はちみつ屋さん。こんなにはちみつって種類あるんやね!オレンジはちみつやラベンダーはちみつなど味見を色々させてもらって、最終的にシュヴァルツヴァルト(この地方)のはちみつ125gを2.6€で買った。ノーマルなんだけどこれがものすごく濃厚で風味もあっておいしい!ワッフルに合うだろうな〜 あ〜楽しみ♪

クリックすると元のサイズで表示します
そして安いお野菜買おうかと思ったけど、私が行ったのはキノコ屋さん。「イタリア産採れたてキノコ」の看板にやられた(笑) Shiitakeも売ってたんやけど私は見た目しめじに似ているこのフレッシュキノコを買った。「Pio Pino」ってなんともかわいらしい名前のキノコ。

他にも色んなお店を見て回る。朝市まわり・・・ あれ、私何しにきたんやったっけ(笑)
メインストリートを走る路面電車。けどフライブルクの人たちは完全に歩行者天国な気分なんか、後ろ10メートルから電車が来てても線路上をみんな歩いてる。電車も別に警笛とか鳴らさないからそれが驚き。 ここに留学に来ている友達とばったり会うかも?!と思って大学にもちょびっと進入してみたけどそれはさすがになかった(笑) 前もって連絡しとけばよかったんよね・・・ 急に思いついて私行くもんだから。

帰ってから早速キノコを調理。さすが採れたて。おがくずと土を取り除くのに手間がかる。きのこはやっぱりクリームスープでしょ! 閉店間際のスーパーへダッシュしてクノールのスープをGet。これがばーっちりPio Pinoに合って最高においしい。クロイターのバターソテーもしてみる。でもキノコ自体あまりくせのない味。そしてこの歯ごたえの感じ・・・ 違うとは思うねんけど(香りが結構するし)Pio Pinoってまさかイタリア語でしめじ?!誰か知ってたら教えてください^^;

フライブルクFOTOギャラリーはRead Moreへ



クリックすると元のサイズで表示します
子供服のお店の前に立つ森の巨大クマさん
もし襲われたら確実に死にます(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
「ゲストハウスLoeweライオン」の入り口前
フライブルクのお店は各自のシンボルマークをこうやって石のモザイクで表してるの

クリックすると元のサイズで表示します
アウグスティーナー博物館 彫像を学生がスケッチ中
この博物館がえらいことは入場無料なこと! 監視員はしゃべってばっかりで全然働いてなかったけど無料だからいい

クリックすると元のサイズで表示します
わら?のスリッパがずらーっと並べて売られてた
中はふわふわの綿などであったかそう
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ