2010/1/16

トイレプロジェクト 再始動  プロジェクトX

このタイトルでピンと来た人、このブログのへヴィーリーダーですね^^

何それ?!っていう人やもうだいぶ前のことだから何だったっけ??っていう人はまずこのプロジェクトXカテゴリを一から順に読んでいってください。


今週プロジェクトに参加表明していた子たちと個別で色々話をしたんです。
「まだ覚えてる? やる気ある?」って

すっかり忘れてた という子もいたし
あー あれ・・・ 時間があればね という反応もあったし
今はGlaspreis(次に取り掛かるガラスコンクール参加作品)があるから とか

Ich habe keine mehr Motivation
もうやる気がない


ってはっきりと言う子もいて

もうさすがドイツ人!と思ってしまう

時間が経ちすぎたから・・・

って作業止めてたのはあんたたちでしょうがっ なんて無責任な?!

怒りがないといったらそう、嘘になるけど、でも同時にやっぱりそうなるよねと分かる気持ちもあるし、あの時素早く対応してみんなのモチベーションを上手く保つことができていたら、という自分への後悔と悪かったなという気持ちもある。 

とにかく、正直にそう言ってくれて私はずっとずっとスッキリした。 
うやむやだった気持ちが少し晴れた。 

他の人を動かせる人って本当にすごいと私思う。
自分にはそういう能力ないから。 

プロジェクトを立ち上げたものの実際の作業は全く思うように進まず、言い訳を聞いているだけで月日が経って、そのうち一人悶々とした気持ちで過ごしてストレスを感じている自分がバカらしくなって、それなら私も自分の好きなことだけしてもう知らんわ・・・ って去年の秋ごろ思ってました。


でも、毎回床に転がりまくっているトイレットペーパーを見るのはもっと最悪な気持ちで、やっぱりあきらめたくない気持ちがあることがわかった。 そしてそんなときにちょうどドイツニュースダイジェストの林さんからインタビューの依頼を受け、できあがった紹介記事を見てびっくり。 未完結のプロジェクトのことが書いてある。その応援の気持ちと、良い意味で後に引けないプレッシャーを受けて、やっぱりやらなきゃという決意をしました。

当初の目的からは外れることになるけど、でももういいの。
いつ動くのか、そもそも本当に動いてくれるのか分からないドイツ人生徒が作業するのを期待して待ってストレスを感じているより、信頼できる友達数人と一緒に自分でやっていくほうがよっぽど生産的だって。  

頭の中で構想してからもうすぐで1年になろうとしてます



「もう諦めたと思ってたよ」

先生も忘れかけていたくらいだけど
理論ブロック期間中、金曜1コマ目が空き時間の私とマリア、エルンストは今日から、ガラスを切り削っていく作業を始めました。




ドイツ人がエゴイストに生きるなら私もそうして自分のやりたいようにやるだけ
クリックすると元のサイズで表示します
ハロー?  自己満足でいいからこれを変えたいんだ


できるよって思う人はクリックしてください

このブログを応援する?
人気ブログランキングへ

【コメントお返事】
H.Sutoさん こんばんは^^
やはり気になっていましたか?! 本当にエンジンがかかるのが遅くって、でもやっと少し具体的に動き始めました。どうか見守ってくださいね^^ 
8



2010/1/17  11:30

投稿者:H.Suto

ピンと来ていますよ!!
どうなったのかなー と 時々思っていました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ