2009/11/27

工房でケーキバイキング?!  友達

今日はグレーヴィング仲間のアナ、クリストフ、そして絵付け工房のエヴェリン3人の誕生日でした^^ 約40人の生徒の中でなんと3人同じ誕生日ってめちゃすごくないですか?! 私もかつてバイト先で自分と同じ誕生日の子が他に2人いたことがあって、これまたすごい確率を体験したことがあります。


ドイツでは誕生日を迎えた本人がケーキやお菓子を持ってきて皆に振舞うのが普通


・・・と、いうことで


Gravur工房でなんと夢のケーキバイキングショートケーキショートケーキショートケーキ

テーブルの上に手作りのケーキがずらりと並んで
休み時間になった途端他の工房から生徒だけでなく先生たちも
祝福しに、そしてケーキを食べにやってきました ^^
クリックすると元のサイズで表示します
みんなにケーキを取り分けているアナ
この後も生徒が続々やってきて工房はとっても賑やか♪
先生たちはちゃんとコーヒーを用意して事務室でスタンバってました(笑)

「クリストフ、これ本当にあなたが自分で焼いたの???」
なかなか信じようとしないラーマスホーフェン先生(^^;
それくらいほんとに美味しかったもんね。

クリストフは18歳、アナは19歳、そしてエヴェリンは今日で27歳になりました。
私らの学年は年齢幅が結構あるのです〜 一番年下の子は17歳。 エヴェリン、私、エルンストでしっかり平均年齢上げてます(笑)  そうそう、こないだオープンスクールがあったときに学校に遊びに来てくれた大学の先輩は私の友人たちを見て一言

「若っっっ!!!」 

そして

「自分、ようやってんなぁ・・・」

って。 一応馴染んでいるように見えるらしいけど・・・

 
一緒に授業を受けて工房で作業してると全く自分が25になってることなんて忘れてて、むしろ、私も隣の子と同い年くらい若い気になっている(←勘違い)

でも、こうしてたまにやってくるサプライズバースデーパーティーに出くわして、改めて同級生の年齢を聞いた時にこの幻想が崩れ落ちるわけ。 十代って聞いたらもう若っ(^^; というよりはむしろ すごいっ!!!と感じてしまう。   自分の妹よりも若い子らが同級生って・・・そう考えたらかなりありえないけどね(苦笑) こういう生活を今送ってること自体ほんとに不思議です。 

まぁでも勘違いでもいいんです!気分はまた高校生



あ  話が脱線しました
今日の主役はこの3人だったのに・・・(^^;

とにかくみんな誕生日おめでとう☆
そして美味しいケーキをありがとう☆(←遠慮せず3切れも食べた人)

このブログを応援する??? 人気ブログランキングへ
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ