2008/12/24

ベルリンでのクリスマス  ☆クリスマス☆

24日 
クリックすると元のサイズで表示します
クリスマスツリーは赤を基調にしたシンプルな飾りつけ
キッチュな楽しい感じもいいけどこれも素敵☆
ツリーの足元にはそれぞれへのプレゼントが置かれていてほんとになんか海外のクリスマスドラマみたい(笑)

私は学校の工房で彫刻したいくつかのグラスと鏡を彼氏と彼の両親にプレゼント。
とても喜んでくれて良かった。 私はみんなから本やクリスマス仕様のおもしろいパスタ、お菓子など色々もらいました。日本だと大きなプレゼントをひとつもらうという感じだけど、こちらのように小さくて色々なプレゼントをたくさんの人からもらうのも包装紙を開ける度に毎回わくわくして楽しい。 
お父さんが聖書の一節を読み、クリスマスの音楽を聴き、ワインを飲んでしゃべって…
でも今日はまだ終わらない。 シャンパンを持って20年以上の付き合いがあるというひとつ上の階に住む両親の友人、ベティを訪ねる。
ベティの家もうちとはもちろん違うけどキャンドルの火があちこちに灯っていて雰囲気がある。ベティ、元旦那のディルク(ドイツ人は離婚してもサバサバしてて今度は友人として親交を深める人が多い)、息子、下宿している女の子とたぶんその彼氏、そして飼い猫ミオ(オス)達に迎えられて一緒にまたクリスマスを祝う。 
夜、本当は教会に行く予定だったけど長話しすぎて断念。結局家に帰ったのは12時半。 ちょっと疲れたけど楽しかった☆ 
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ