2008/11/25

ドイツ仮ビザの謎  分類なし

以前も書いたように一応ドイツ滞在は外国人局からOK(厳密に言うと労働局の滞在&労働許可)が出てるんですが、私のパスポートは未だに外国人局のシュットさんのデスクの中に人質にとられていて、今は青い紙にパスポート写真を貼ったいわゆる仮ビザが私の身分証明書代わりとなっています。ドイツのなんらかの健康保険に加入しないかぎり本物のパスポートは返してくれないそう。ということで、名目上パスポート同様大事に扱わないといけないんだけど、どうもこのうすっぺらい画用紙みたいな素材にそれほどの価値を見出せない。

まぁそんなことはおいといて… 
今日学校から帰ってきた後市役所に直行。なぜなら私のパスポート同様の価値があるはずの仮ビザの有効期間が今日までで延長してもらわないといけないから。。。自分でも信じられないけどドイツ滞在に関わる大事な更新を全く今日この日になるまで忘れてた。はい、完全に私が悪いです。 でも気付いただけでも奇跡的。  

市民窓口の扉の張り紙
『受付時間 月〜水 午後3時半まで』

時計は4時過ぎ……… ガーン!!! 閉まってる!!! (@_@; 
やーーばーーーいーーーー

若干パニックになりつつダメもとでドアをノック。
返事はもちろんない。  もう一回ノック。誰かいませんかー
反応は相変わらず無いけどドアノブを回すと (!) 開いた!
中に帰る準備をしてる窓口担当の人発見。 もちろん怪訝そうな顔される。 
就業時間が終わると同時に家に直行するドイツ人からしたら残業なんて有り得ない。
「今日はもう終わりよ 帰ってちょうだい」

分かってますとも。全て私が悪いんです。 
けど… 私がドイツで学んだこと。
とりあえずダメもとでもやってみる。そして簡単に帰らない。 
今日までが有効期限なんですけど… と、色々言ってみると、引き出しから判子を出してポンポンっと仮ビザ証の裏面に判を押した後2月25日まで滞在有効!のサインをしてくれた。 絶対無理だと思ってたけど、言ってみるもんやね!

ところで、
クリックすると元のサイズで表示します
表面の証明書は〜から…までの期間有効 

一回の申請で毎回3ヶ月滞在の延長ができる。
そしてこの青いペラペラの紙には全部で9回分申請できるように行が設けられている。
ということは? 論理的には本来取得しなければならないビザがなくてもなんらかの理由で、仮ビザで27ヶ月間ドイツ滞在が可能ということになる。 仮ビザの存在はStuttgartの知人から聞かされて知っていたし、実際私も今はそれで滞在できてるようなもんだけど9回も延長の申請が可能だとは知らなかった。話では仮ビザを申請・更新する度に30€(Stuttugart1年間の滞在には確か50€払った)払わないといけないらしいけど、私の場合こちらで申請するときも、どたばたでこうして延長申請したときもまったくお金は請求されなかった。もしかして本当に2年ちょっといくらも支払わずにドイツで生活できるの?もちろん9回も仮ビザの延長する気はないけど、時々ドイツのこういう論理的には可能だけど非現実的で、それに伴う誤差と矛盾が理解できない。うーん、謎。
ま、無事に2月まで延長できたからいいか。


1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ