命をもって命を癒す

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タオ
かぜさんへ
 とても良い捉え方だと思います。

丹田さんへ
 淡々と生きることが出来ればと思っています。
 気比神宮はとても人を呼ぶ力の強い神様がおられる場所ですからきっと呼ばれたのですね。
投稿者:丹田ツヨシ
人間である以上執着心は捨てることはできないと思います。
執着心を完全に捨てるというは、生への執着も捨てることではないかと思います。
固執しなければよいのではないかと、自分なりにとらえています。

関係ないですが、17日に敦賀の色ヶ浜の水島に行きたいと嫁と子供にせがまれ行ってきました。
生憎の荒天で島には行けませんでした。
気比の松原にも立ち寄りましたが急に雨が降り出し、帰ろうとしたところ気比神宮が気になり参拝してきました。
鳥居をくぐって敷地に入った途端雨がやみ、拝殿で手を合わせ振り向くと眉間に大きな気のようなものを感じました。
雨は禊の雨だったのでしょうか?
初めて通った道も10年ほど前に見た夢と瓜二つの光景もあり不思議でした。
自分的には龍神か何かの気配を感じたのですが気のせいだったのかもしれません。
投稿者:かぜ
執着は、自分の想いを優先させてしまう心であり…

大切にするとは、相手を優先する心かな…
と、思います。

他にも、沢山あると思いますが、自分か相手かを振り返って考える気持ちを忘れないようにしています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ