命をもって命を癒す

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:みか
お返事ありがとうございました!
参考になりました。
悪意や嫉妬なんかは私も持っています。
自分に憑いたものは自分では見えないし、
考えた事もありませんでした。
目蓋に写ったものは、もしかして自身?
とも思ったり、想像?と思ってみたり。
少し気になりつつも、余り気にせず、
生活していきたいと思います。
ps.また和歌山にお越しください。
私は和歌山市内に住んでいますが、
太平洋の海も大きく素敵です。
暖かい国で、自然も多く自慢です。

投稿者:toriusu
みかさんへ
 神様と接するには少しはルールというものもありますが、心がこもっていればある程度は許されます。だから捧げ物については今まで通りでいいと思います。
 視えたものはその忠告をされた人に憑いていたモノだと思います。その人自体はいい人でも、変なものが憑くことはあります。その人の中の小さな悪意・嫉妬の心なんかに引き寄せられたものなのかもしれません。
 何かを「こうしなければならない」と決め付けている心と言うのはある意味「弱い心」です。取り憑かれやすい心と言えるでしょう。そのご主人の友人の方に忠告はしないで、見守っているのがいいと思います。下手に何かを言えば、気付かれたと思った憑いたモノが反撃に出てくる可能性があります。

 平穏な気持ちで平常心で光のほうに心を向けて生活をしていくことが一番強く家族や愛するものを守る力になります。
投稿者:みか
失礼します。よければ教えて下さい。
以前、神様にお願いしてはいけないとは?で
教えて頂いた者です。
今回は、知り合いが家に来た時、おまつりしている
神様のお米、お水、お塩の配置が違うと言いわれたのですが、結局、社務所に伺った所、間違っていないと言う事で落ち着いたのですが、
その人が来たその夜、一人お風呂に浸かって、
めを閉じていたら、急に目蓋の端に、目だけが大きく
ギョロッとした、骨と皮の人の形をした者が浮かびました。すぐに目を開けたのでほんの一瞬でしたが、
端の方から私を見ていました。
?と不思議に思って浮かんだのが、家に来た知人でしたが、主人の友達でいい人だし、と思って。
その人は、商売をしていて神様もきちんとおまつりしているようです。
私は霊感などありませんが、去年の夏に、気軽にファッションで石のブレスを買ってから、
神社参りをするようになり、いくつか不思議な事に
合うようになりました。
今は、怖いのでおまつりしている神社さましか
いかないようにしています。
長くなってすみません、目蓋に見た人の形をした方は
ただの気のせいでしょうか。
ネットでみたら、餓鬼というのは、お腹が膨れていると書いてありました。
ちなみに、おまつりしているお札は、
いつも行く神様と天照様で、
向かって左から、お水、お米、お塩です。
知人に言われたのは、真中にお水を置くと言うもの
でした。
申し訳ありませんが、何かコメントいただけませんか?
熊野のブログの時に投稿しましたが、
失敗したようです。一応再投稿です。
迷惑おかけします。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ